delta_goldmedallion_tag.6

1年経った今でも未使用なGOLDラゲッジタグ

「おまけに8,000マイル、あげるよ・・・」
そんな甘い言葉に誘われ
デルタ航空、Skyteam加盟航空会社に搭乗予定もないのに
『デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードカード』に入会してから、早1年

さて、この1年でどれくらいマイルが貯まり
どれくらい、このカードの恩恵にあやかれたのか・・・・
(怖いながらも) 冷静に検証

delta_amex_apply_9

デザインに関しては賛否両論あるようですが、楽天カードユーザーからすれば、100倍もステキ

27,300円という高額な年会費を払い、得たもの・・・

それは、キラキラしたステキなゴールドカードと、

 

  カード入会ボーナスマイル 通常分: 8,000マイル

  カード入会ボーナスマイル キャンペーン分: 8,000マイル

  カード使用分マイル: 7,635マイル

  海外使用ボーナスマイル: 1,813マイル

 『ニッポン 500 マイル・キャンペーン』でのマイル 500 x 10搭乗分:  5,000マイル

 

  貯まったマイル数: 30,448マイル

 

 このカードでの決済額:  45万5,191円

 年会費: 27,300円

 

icon-money   45万5,191円 ÷ (7,635マイル + 1,813マイル) = 1マイル当たり48円也

マイル修行時のように、マイル単価を計算したものの、

その数字に特にピンとくるものはなく、

いまいち27,300円の価値があるのかわかりません。

 

では、この貯まった30,448マイルで実際どんな旅行が可能かというと、

 

 日本 ⇔ 韓国往復 エコノミークラス:  1.5万マイル

 日本 ⇔ 台湾往復 エコノミークラス:  3万マイル

 日本 ⇔ 香港往復 エコノミークラス:  3万マイル

 日本 ⇔ グアム往復 エコノミークラス:  3万マイル

 

韓国なら2往復分、台湾、香港へも1年間のカード使用で渡航可。

しかしながら、日本 ⇔ 韓国間、日本 ⇔ 台湾間は、LCCも多く飛んでおり、

キャンペーンなどを利用すれば、往復1万円以下の航空券を見つけられる可能大な路線。

なので、単純往復でこのマイルを使ってしまうのは、非常にもったいない。

是非とも、特典旅行ならではの、通な使い方をし、

そのマイル単価を上げれば、このカードの価値も上がるというもの。

delta_a_year.1

これで1.5万マイルなら納得です

例えば、

icon-calendar  羽田空港  icon-fighter-jet  金浦空港(ソウル)   icon-suitcase  仁川空港(ソウル)     千歳空港

これで、1.5万マイル + ¥ 5740(税金)

千歳空港    羽田空港間の航空券を別に用意する必要がありますが、

マイルの特典旅行で、海外、国外とも同時に旅行が可能。

delta_a_year.2

台湾も、香港も大好きでどうしても選べない時に・・・

他にも・・・

  成田空港     仁川空港(ソウル)    桃園空港(台北)   

(航空券を別に用意)    香港空港     仁川/金浦空港    羽田空港

これで、3万マイル + ¥ 9390(税金)

2カ国周遊、ソウルでの乗り継ぎ時間を使えば、3カ国周遊も可。

 

もちろん、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

の威力の一つ、デルタ航空 ゴールドメダリオンの恩恵で、

エコノミークラス利用でも、それぞれの空港でラウンジが利用が可能。

成田、桃園、香港、仁川、金浦の4空港訪問も、さほど苦にならないはず。

 

「いや、1カ国だけ充分です・・・。」という旅行者は、

デルタ航空のマイルプログラム、スカイマイルには有効期限がないという点に、注目。

ぜひとも、少し時間をかけてマイルを貯め、大物を狙う方向で攻めてください。

 

例えば・・・

 日本 ⇔ グアム往復 ビジネスクラス:  5万マイル

 日本 ⇔ 香港往復 ビジネスクラス:  5万マイル

 日本 ⇔ バンコク・シンガポール往復 ビジネスクラス:  7万マイル

 日本 ⇔ ホノルル往復 ビジネスクラス:  8.5万イル

 

カード更新時の3,000マイル、買い物でのマイル等、気長に、コツコツとマイルを貯め、

使う時は、豪勢にビジネスクラスに搭乗。

これこそ、マイルを使った旅行の醍醐味。

その間に、必要マイル数が増加してしまう危険性は、否めませんが・・・。

delta_nippon_500.1

また期間延長することを願いつつ・・・

ちなみに、今回貯めた計3万マイルのうち、5,000マイルは、

デルタ航空の『ニッポン 500 マイル・キャンペーン』で獲得。

2015年3月31日まで、引き続き、すべての日本国内線で、1 フライトにつき 500 スカイマイル・ボーナスマイルをご獲得いただけます。 JAL(日本航空)、ANA(全日空)、スカイマークなど日本国内線であれば、 航空会社、路線、クラスは問いません! – ja.delta.com

要するに、マイルを利用し発券した『特典航空券』でも、激安LCCでのチケットでも、

日本国内線であれば、片道500マイル分がもらえるという、とても太っ腹なキャンペーン。

詳細は『マイルを使用した特典旅行でも加算可能! な裏道発見

 

片道フライトにつき 500 スカイマイル・ボーナスマイル。 期間中、スカイマイル・メダリオン会員の方は、お一人様最大 40 フライト分(合計 20,000 ボーナスマイル)まで、スカイマイル一般会員の方は、お一人様最大 10 フライト分(合計 5,000 ボーナスマイル)までのボーナスマイルをご獲得いただけます。- ja.delta.com

と、付与マイルに上限がありますが、

デルタ航空上級会員であれば、40フライト分まで加算可能。

 

「デルタ航空のスカイマイルを、貯めたい!」

かつ「期間中、日本国内線に11搭乗以上する予定!」の旅行者にとっては、

入会するだけで、デルタ航空上級会員への門が開くこのカード、なかなか魅力的ではないかと。

delta_goldmedallion_tag.1

決して”獲得”したわけではないですが、やはりGOLDステータスはありがたものです

さて、買い物等で獲得したマイル以外に、

カードに付随する他のサービスで、そのうま味を再確認。

 

 デルタ航空に入会後、6ヶ月以内に搭乗し、ボーナスマイル獲得

 デルタ航空に搭乗し、メダリオンボーナスマイルを獲得

デルタ航空に搭乗し、カード利用マイルを獲得

デルタ航空に搭乗し、ラウンジ利用

Sky Team加盟航空会社に搭乗し、ラウンジ利用

手荷物無料宅配サービス(羽田空港は対象外なため)

 国内カードラウンジ利用

 海外カード利用ボーナスマイル

・・・・・・ 利用  不利用・・・・・・

 

ということで、どうやら

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

の威力を充分に発揮させられないまま、1年が過ぎてしまったようです。

キャンペーンの文字に踊らされ、

むやみに年会費の高いカードに入会するのは、やはり考えもの。

 

とは言え、何だかんだで3万マイルも獲得。

解約するほどのガッカリではないので、来年はもう少しカードの恩恵を受けられると信じつつ、

キラキラ光るゴールドなカードを、そっと財布に戻しました。

Pocket