あ

とてもステキなデザインのJALサクララウンジ シャワールーム

JAL名物、カレーを美味しくいただいた後は
同じくサクララウンジのシャワーでサッパリ

深夜便、機内泊の前に、シャワーを浴びてスッキリ
この爽快感のためだけに、JGC修行 –
そう言っても過言ではないほど
気分良くラウンジを後にしました

 

シャワーと(もう一つのJAL名物サービスである)マッサージの受付は、

エスカレーターを降りてすぐの『ラウンジ内の受付カウンター』ではなく、

一枚ドアを挟んだ『シャワールームの手前にある専門カウンター』で。

 

シャワーサービスは、やはり人気があるようで、案の定、満室とのこと。

おおよその待ち時間が告げられ、飲食店で使われるような、

ブルブルと揺れる呼び出し用の機械が渡されます。

 

今回は、20分弱ほどでしたが、

出発便が重なる時間帯になると、待ち時間も大幅に伸びる可能性があるので、

どうしてもシャワーを浴びたい方は、早め、早めな受付が安全。

a

カギはカード式

a

大きめシンクの隣には、アメニティー

a

ドライヤーの風量もGOOD

a

ここにきて、非常に残念な姿のシャンプー・コンディショナー・ボディーソープ達

全体的に落ち着いた、暗めなデザインのシャワールーム。

アメニティーとして、ブラシ、綿棒、シャワーキャップが個装で、

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、備え付けで、用意。

歯ブラシと紙コップはありませんが、受付でお願いすれば、快くいただけます。

 

化粧水や、ローション等の”シャワー後”に使用するような化粧品類はないので、

乾燥が気になる方、敏感肌な方は、愛用しているものを持ち込むのがよろしいかと。

a

ハンガーと荷物も置けるスツール

a

木製ベンチには、カゴと靴べら、そしてティッシュ

壁にはハンガーが2本、スツール、木製のベンチもあるので、

荷物が多少あっても、置き場に困ることはなさそうですが、

あまり多くの荷物を、ワサワサとシャワールームに持ち込みたくない方は、

シャワールームの横にロッカーがあるので、そちらを利用をオススメします。

a

ちょっと暗過ぎる・・・かも

a

トイレとシンクの距離はこんな具合

a

トイレはウォシュレット付き

a

上からもう一枚

a

シャワーヘッドは、可動式と固定式の2個・・・かと思いきや・・・

a

この縦に並ぶ穴は一体・・・?

a

何と、横からも!そして、ものすごい水量!!

以前、初めてANAラウンジのシャワーを利用した時、その美しさに感動し、

「いつか宝くじが当たって、自分の家を建てることがあったら、

絶対に、こんなシャワールームを造るぞ!」

と、誓ったものですが、JALサクララウンジのシャワーを見て、早くも浮気心。

 

石素材なタイル壁と床、暖かさのある木のベンチ、

使いやすい四角いシンク、水量がすごい横からシャワー、

と、ANAラウンジの上を行く、ステキさ。

ここに、ANAと同じように、大きな時計とサーキュレーターが備え付けてあると、

文句の付けどころがないのですが、そこは自分の腕時計とタオルパタパタで対応。

narita_sakura_lounge_shower.16

皆さん飲んでいたので、気になってシャワー後に、少しだけ

a

キレイなピンク色の泡です

唯一、少し残念だったのが、備え付けシャンプー類のちょっとした手抜き具合。

『Conditioner』『シャンプー』『ボティーソープ 』と、表示が英語、カタカナとバラバラな上、

水場にも関わらず、なぜかボトルに直テプラなので、当然のことながらペラペラと剥がれ、

その上、何回か貼り直しているためなのか、貼り方が、ざっくり。

 

詰め替え方式で、エコなのは良いのですが、

せっかくなら、このステキなデザインに合わせて、統一感を保って欲しいな、と。

 

そして、気がかりなのが、国際空港のラウンジで、シャンプー類の表記が日本語のみという点。

消去法で行けば、『残りがシャンプー、もしくは、ボディーソープ』で、

確率的には『2分の1で正解』とはなりますが、

ハズレた場合、それほど大きなダメージはないものの、小さく凹む姿が目に浮かびます。

 

そんな些細なことで、日本の印象が悪くなるのも何だか悲しいので、

これからどんどん増えるであろう、訪日旅行者のためにも、

ここは是非、ボトル表記のデザインとその方法を含め、検討していただけると、安心です。

a

夕暮れ時の成田空港

シャワーですっきりし、微量のお酒でほろ酔い気分を味わった後は、

いざ、成田発、シンガポール行きの深夜便に乗り込みます。

Pocket