narita_sakura_lounge.9

まさか自分が、この中に入れる日が来るとは(号泣)・・・

第1回 JGC修行のハイライト、と言っても過言ではない
成田空港 本館3階サクララウンジ訪問

キラキラ輝くあのドアの後ろに、
いったいどんな世界が広がっているのだろう・・・

そんな長年の疑問に自ら答えるべく
未知の場所へと足を踏み入れる時が、ついにやって来ました

narita_sakura_lounge.1

この案内を遠巻きに囲う旅行者、数名

narita_sakura_lounge.2

下記の搭乗券のどこがポイントなのか示してもらえると、分かりやすいかと

a

日本出国成功

まずは、成田空港にて国内線から国際線へ乗り換え。

那覇空港のチェックイン時に、シンガポールまでのボーディングパスをもらっており、

また、荷物も成田では受け取らなくて良いということで、

空港到着後、そのまま国際線乗り継ぎ。

 

国際線出発口には、案内板があるものの、とにかく文章が多く、日本人でも不安になるほど。

案の定、眉間にシワを寄せた外国人旅行者が、

持っているチケットと案内の看板とを、交互ににらめっこ。

それでも不安が拭えず、荷物検査の係員さんに確認する旅行者も多くいましたが、

どうやら英語を話す方がいないらしく、双方共にストレス。

 

この辺りがもう少しシンプルで、直感的に分かりやすいものになると、

国際空港として親しまれる成田、となるのかもしれません。

a

どちらかと言うと、白い恋人が好き

a

350円の5円と、350円の500円

a

Free Wi-Fi スペースが登場

a

トビウオと琴

a

ここから世界各都市へ飛び立ちます

無事、手荷物検査、出国検査を終え、いざ国際線ターミナルへ。

乗り継ぎ便まで少し時間があるので、空港内をサラッと散策。

 

神奈川県民なTsumとAriさんは、

羽田空港が国際化されてから、すっかり成田空港から遠ざかり、

最近では『深夜の羽田空港から出発』が定番となっていたため、

久々のザ・国際空港・成田にワクワク。

 

どこかお上品な羽田空港に比べ、ギラギラした印象がある、成田空港。

そんなバブリーな破片が、まだ残る成田空港で、

『東京バナナ』をカゴに放り込む外国人旅行者の多さを目撃し、

訪日観光の盛り上がりを、肌で感じました。

a

微妙に中が見えません

a

こちら、サクララウンジ受付

a

エレベーター上の、見事なサクラ

a

エレベーターを下ると・・・

a

そこには夢の世界が

a

広いサクララウンジの案内

さて、いよいよ成田空港のサクララウンジに初潜入。

おじゃましたのは、本館3階にある、一番大きなラウンジ。

 

入り口からして、洗練された雰囲気が漂ようそのラウンジでは、

4人ほどのスタッフの方々が、笑顔でお出迎え。

airberlinのゴールドカードを提示すると、「少々お待ちください。」と、

アンチョコのようなシートを引っ張りだし、

「airberlinのgoldは、oneworldサファイアなんですねぇ。」と隣の女性にポツリ。

決して、イヤミな感じではなく、「なるほど、なるほど。」といった空気の会話。

「お待たせしました。サクララウンジをご利用ください。」と促され、エスカレーターへ。

 

長いエスカレーターを下ると、目の前にはラウンジ内の地図。

軽食と飲み物片手に、目の前の飛行機を眺めながら、まったり出来る2階と、

ガッツリ食事が出来るダイニングエリアの3階に分かれている模様。

 

JALのサイトによると、このサクララウンジは、日本最大の大きさとか。

それでも、出発便が重なる時間になると、混雑している印象。

次回、リニューアルする機会があれば、ぜひとも世界最大を目指していただきたい。

narita_sakura_lounge.15

ビジネスセンターのパソコン壁紙は、もちろんJAL

a

こちら、お世話になったプリンター

2階奥にはビジネスセンター。

デスクトップパソコン、プリンターとありますが、人は皆無。

多くのビジネスパーソンがノートパソコン、旅行者でもタブレットを持ち歩く、この時勢。

このビジネスセンターの需要は、あまり多くなさそう。

 

私たちは、印刷したい書類があったので、こちらをありがたく利用させていただきましたが、

この部屋にいたのは、5分ほど。これほどの座席数は、必要なさそうです。

 

ビジネスセンターの横には、喫煙室。

タバコの匂いが苦手なため、喫煙する場所が、ラウンジの一番奥にあり、

また、食事する場所と離れているのは、うれしい限り。

a

ラウンジの窓からは、JALの機体が!

a

この階段を上がると・・・

a

美味しい食事が待ってます

食事ができるスペースとなっている3階(実質2階)は、それほど広くないため、

さほど食事に興味がない方は、下の階で飲み物を片手に、

ゆったりとした座席で、搭乗時間までの時間を楽しむのが、良いかと。

 

もちろん「JALの名物カレーを食べなければ、旅が始まらない」という旅行者は、

ゴージャスな階段を登って、ぜひ上の階へ。

 

成田空港 サクララウンジ 食事編へと、続きます。

Pocket