stopover_map

「10月に10日間ほど休みがあるのだけれど
バンコクってどう?」
もちろん、答えは、OH, YES. いってらっしゃい

でも、せっかく10日もあるのなら
周辺都市も、一緒に楽しんでみては?

ということで、途中降機とオープンジョーを使い
11日間で台北、バンコク、シンガポールを巡る旅
組んでみました

 

この周遊に欠かせないのが、”途中降機”と”オープンジョー”が可能な航空券。

そもそも・・・

 

途中降機(ストップオーバー)とは、なんぞや?

ストップオーバー(英: Stopover, S/O、アメリカ英語ではLayover)または途中降機(とちゅうこうき)は、複数航空路線の乗継をする場合において、乗継地点に24時間以上滞在することを指す。鉄道の途中下車と同義  – Wikipedia

簡単に言うと、

乗り継ぎ空港(都市)にも立ち寄って、”もう1カ所” お得に楽しめる!

ということ。

「経由便か・・・⤵︎⤵︎」ではなく、「経由便!じゃぁ、あれも食べて、これも食べて⤴︎⤴︎」

そんな思考回路の旅人に、オススメ。

 

オープンジョーとは、なんぞや?

オープンジョー(英: open-jaw)とは往復・周回航空券のうち、往路と復路の発着地が片方、または両方別の地点(空港)となる航空券のことを指す。和訳すると「開いた顎」となり、航路がそのような形になることからつけられた。この場合、航空券に含まれていない区間の運送(陸運、海運、空運)の代金は搭乗客が別途支払うことになる – Wikipedia

簡単に言うと、

単純往復航空券では出来ない、片道移動をつないだ “周遊” ができる!

ということ。

「隣街も訪ねたいけど、またこの街に戻ってくるのは面倒なのよね・・・。」

そんな旅人は、ぜひ “アゴ を開いて”ください。

 

言葉だと分かりにくい。そんな旅人のために、“あくびするニャンコ”の写真で、サックリ説明

open_jaw

青・緑の線が、もともとの航空券代金に含まれている部分。

赤い点線の部分のみ、自力で移動。

LCCでもよし、マイルを使った特典航空券でもよし、ヒッチハイクでもよし。

とにかく、バンコクからシンガポールに行ければ、大丈夫。

 

経由便の航空券には、途中降機のルールがいくつかあり、

① 途中降機完全不可

② 往路・復路とも、無料で途中降機可能

③ 往路、もしくは、復路で1回無料にて、途中降機可能 (追加は別料金)

④ 有料で途中降機可能 (5,000円〜1万円ほどが相場)

 

オープンジョーに関しても同じようなルールとなりますが、

途中降機に比べ、オープンジョー可能な航空券は、少なめ。

stopover_ok

stopover_x

 

stopover_openjaw

こちらは別料金にてストップオーバー、オープンジョーとも可能

こちら、トラベルコちゃんに掲載されている、ニューヨーク行き航空券でのパターン。

同じデルタ航空利用でも、このような違いが。

周遊に興味がある旅人は、この部分、要注目です。

 

では、途中降機とオープンジョーをからめ、

バンコクを起点に、10日間ほどの旅行期間で訪れやすい都市は・・・

stopover_bangkok

Photo From Flickr

stopover_hongkong

Photo From Flickr

stopover_taipei

Photo From Flickr

stopover_singapore

Photo From Flickr

なぜこれらの都市かというと、それぞれが、とても近いから。

東京⇒シンガポールは約7時間のフライトと、ちょっとした長距離ですが、

これを台北、香港などで、途中降機しながら飛べば、3〜4時間ほどのフライトとなり、

LCCでも耐えられる範囲の飛行時間となります。

 

stopover_flight_time

 

では、実際にどんな旅程になるのか見てみよう!

 

途中降機、オープンジョーを絡めた航空券を検索しやすいサイトは、2つ

 

トラベルコちゃん・・・http://www.tour.ne.jp/w_air/

周遊、オープンジョーを選択し、都市名や空港3レターを直接入力して検索が可能。

操作性や、並び替え機能、航空会社や飛行時間帯を選択できたりと、

とにかく『かゆい所に手が届く』、万能サイト。

 

フリーバード・・・http://www.free-bird.co.jp/

検索機能面では、トラベルコちゃんにはかないませんが、

トラベルコちゃんにはない路線、価格の航空券を発見できる可能性、大。

こちらも、空港3レターを直接入力可。

あらかじめ都市がリストになっていて、そこから選ぶ『プルダウン形式』(例: JAL)だと、

このような複雑な旅程の場合、時間がかかって大変。

“直接入力タイプ”は、時間節約になり、とても便利。

 

フリーバードでの検索結果

stopover_freebird

10/18 成田 ⇒ 台北 ⇒ バンコク

  バンコクで3泊4日 

ホテル例)
ルネッサンス バンコク ホテル 朝食付き 12,500円 X 3 = 37,500円

 

10/21 バンコク⇒シンガポール (Jetstarで片道6,300円)

 シンガポールで3泊4日 

ホテル例)
イビス シンガポール オン ベンクーレン 15,158円 x = 45,473円

 

10/24 シンガポール ⇒ 台北

 台北で4泊5日 

ホテル例)
ジャスト スリープ ホテル リン セン (捷絲旅林森店) 11,725円 x = 46,900円

 

20/28 台北 ⇒ 羽田 帰国!

 

10泊11日、バンコク、シンガポール、台北の3カ国周遊

合計:  61420+6300+ (37500+45473+46900)/2 = 67720(航空券) + 64937(ホテル) = 13万2,657円

 

高級ホテルに格安で泊まれるバンコクに、もう数泊し、

シンガポールの高額ホテル相場を避けると、全体的に旅行代金が下がってきます。

 

これを、台北ではなく、香港にすることも可能。

こちらは、トラベルコちゃんの検索結果画面。

stopover_travelko_cx

出発空港を羽田ではなく、成田にすれば、もう数千円下がりますが、

利便性や時間帯でこちらがオススメ。

もちろん、ビジネスクラスでも可能です。

stopover_travelko_cx_biz

ちなみに、『キャセイ航空、東京⇔香港、ビジネスクラス、単純往復』でも17万円。

時間に余裕がある旅行者は、ぜひ、途中降機とオープンジョーを使って、

お得に、各国周遊を楽しんでください。

Pocket