jal3098.1

成田行きは21番ゲートから出発

初那覇空港を満喫したあとは、一路成田へ
JAL3098便に勇んで乗り込めば
こちらが心配になってしまうほど、目立つ空席

乗客が少ないためか
『CAさんから構ってもらえる度』が高い
楽しいフライトとなりました

jal3098.2

どことなくアットホームな雰囲気の那覇空港

jal3098.3

先ほど出迎えてくれた蘭が、今度はお見送り

jal3098.4

お世話になる機材は、B767-300  260席ほどとなかなか大型

成田空港から国際線に乗り継ぐであろう乗客が、ほとんどを占める機内。

大きなネックピローを取り出したり、数冊の雑誌を抱えていたり、

靴からスリッパに履き替えていたり・・・

 

国際線の延長といった、ニッチな路線ゆえか、

数少ない乗客は皆、どことなく、旅慣れた雰囲気を醸しています。

jal3098.5

ポケットいっぱいの読み物たち

jal3098.6

沖縄⇒成田、空席が目立ちます

jal3098.7

あら、ガラガラ・・・

jal3098.8

機材のベテラン具合をうかがわせる、灰皿付き座席

jal3098.9

沖縄の青い海とも、しばしの別れ

落ち着いた雰囲気の機内で、乗り込んだ瞬間から、

カメラを窓の外へ向け、空港の景色を写真に収め始め、

飛んだら飛んだで、眼下に広がる沖縄の海の美しさにシャッターを切り、

鶴丸印の紙コップを撮影し、すべての機内紙を読みあさり、・・・と

完全な『お上りさん』状態な、全く落ち着きのない私たちとは対照的に、

前の座席の、あまりにも”日常”なご夫婦に、しばし釘付け。

 

空席が目立つ中、なぜか通路を挟んで座るお二人。

飲み物が配られたあと、奥さまがカバンをガサゴソ。

手には、ビニールに入ったシンプルな白いおにぎりと、ゆで卵。

それを、通路を挟んで座る旦那さんに無言で渡し、

旦那さんも無言で受け取ります。

 

機内に漂う温泉地の匂いと、黙々とゆで卵の殻をむくお二人の姿が、かなりシュール。

特に会話することもなく、おにぎりとゆで卵をゆっくりと味わうお二方。

食べ終えると、サッとゴミを片付け、

慣れた手つきで補聴器型のイヤホンを装着し、旦那さんは、持っていた数独を、

奥さまは、機内紙をパラパラ。

その一連の流れにムダがなく、そこが機内だと忘れてしまうほど自然で、

『飛行機での移動なんて、特別じゃないからね。』

まるで、そう語っているよう。

 

そんな粋なことが言える日が、私たちにも、いつか来るのであろうか・・・。

「ないね。」と、Tsum、Ariさんとも即答。

あと数十年は、機内で小さなお祭り騒ぎを楽しもう、という結果に至りました。

jal3098.11

おにぎりとゆでたまご

jal3098.12

数独タイム

jal3098.13

なんてステキなコラボ

私たちの『お上りさんオーラ』は、想像以上に強いらしく、

通りがかりのCAさんに、「沖縄は楽しかったですか?」と声をかけられました。

 

「はい。」とだけ答えておけばいいものを、

生真面目に、「これからシンガポールへ向かうのです。」と返答。

「あら、そうなんですね!何日間滞在されるのですか?」と続きます。

 

そこも “一般常識範囲の日数” を答えればいいものの、

「1泊です・・・」と、正直にお伝え。

「・・・え?」

「・・・はぃ。」

「・・・え?1泊ですか?」

「えぇ、まぁ。飛行機にたくさん乗るというのが、旅行の目的でして・・・。」

「そういう旅行スタイルもあるのですねぇ・・・。」

 

3人とも、しばし沈黙。

修行僧は、このような場面に遭遇することが多いかと。

気まずい空気を避けるため、適当な模範解答を用意しておくのも、アリかもしれません。

jal3098.14

JAL修行僧、1泊3日SINタッチ、カバンの中身

jal3098.15

初Blue Sealアイスは機上で!

jal3098.16

霜降ってます

暇人具合が知れ渡ったのか、結構なピンポイントで、

Blue Sealのアイスを抱えたCAさんが、こちらにスタスタと向かってきます。

那覇空港でご当地アイスが食べられなかったことが、心残りだったため、

機内で食べられるとは、うれしい誤算。

 

「まだ少し固いので、食べ時まで、もう少し待ってくださいね。(柴咲コウさん風)」

と言われるがまま、フタを取って数分。サトウキビ味のアイスを眼力で溶かすべく、凝視。

その様子をチラッと見たCAさんが、「まだあと少し、ですね。」と、ニコリ。

アイスをカメラに収めていると、別のCAさんが、

「あら。 霜、降っちゃってますね・・・。お取り替えしましょうか?」と優しい心遣い。

 

 

「お味は、いかがですか?」と、

アイスを販売していたCAさんが、通りがけに声をかけてくれました。

「美味しいです!黒糖のような風味で。甘さもちょうどよく・・・」

そんな説明しているところに、CAさんから、衝撃の告白。

「実は、まだ食べたことないんですよ。美味しそうだな、と思っているんですけどね。」

「えぇぇっ?美味しいですよ!ぜひ、食べてみてください!」

JALのCAさんに、JALの機内で売っているものをオススメする、という不思議な状況に。

 

これから先、機内で味を説明を求められる場面も多々あるかと。

JAL機内販売食べ物・飲み物大試食会、ぜひ、開催してください。

その時は、遠慮なく、呼んで下さい。

jal3098.17

散乱しがちな旅行メモをShot Noteで管理

jal3098.18

ヨーグルト飴と、スカイタイムのおかわり

jal3098.19

成田空港に無事到着

成田に無事到着後、通路でドアが開くのを待っている間、

「これからシンガポール行かれるそうですね。

私も来週シンガポール便に搭乗予定なんですよ。」

と、今まで話した方とは別のCAさんと、さりげなく会話がはじまりました。

 

「あの、有名な、何でしたっけ、ベイサンズマリーナ、に泊まられるのですか?」

「いえ、眺めるだけです。JALの方は、やはりあのホテルを利用するのですか?」

「いえいえ、私どもは経費削減中なので、もっと安宿です(ニコリ)。」

その気さくさと、有名ホテル名を間違ってしまうあたりに、むしろ親近感。

「楽しんできてくださいね!」と、笑顔で見送られ、清々しい気分で、機内を後に。

 

今回は、私たちの『ワクワク加減』が、度を超していたための対応だったかもしれませんが、

それでも、予想外のフレンドリーな対応に、JALを見る目が、一気に変わったのも事実。

 

機内で、そっとしておいてもらいたい旅行者は、

寝るか、読むか、観るか、数独を持ち込むかして、

どことなく話しかけにくい雰囲気を出しておくのが、無難かもしれません。

 

CAさんと話を咲かせてみたい旅行者は、

沖縄の青い海に歓声を上げ、スカイタイムを褒め称え、

コップの鶴丸を愛で、3分に1回、何かにカメラを向け・・・としている間に、

Bluesealのアイスを抱えたCAさんが向かってきたら、

作戦大成功です。

 

Pocket