jal_sin_touch.1

このフカフカの絨毯が呼んでるではないか・・・

FOP キャンペーンに応募し
JAL クレジットカードに入会し
airberlinとのステータスマッチを終えた後は
いよいよ、JGC修行に向けて最終段階

“明らかに修行”な日程を 電話で予約

なかなかハードルの高い行為も
すべては 憧れのJAL GLOBAL CLUBのため

 

そもそも、マイル修行ってなに?

 

① 航空会社の上級会員になるために、ポイントを獲得するべく、効率的に飛行機に搭乗すること

または、

② 航空マイルを最大限に獲得すべく、効率的に飛行機に搭乗すること

 

効率の良さを求めるあまり、短期間に何回も飛行機に搭乗し、

お金を節約するため、空港で寝泊まりするツワモノも多いため、

その姿が僧侶の修行と重なり、マイル修行やマイル修行僧、

女性は尼僧、と呼ばれたりしております。

jal_sin_touch.3

この景色を何度見ても見飽きない・・・ そんな旅行者は、修行僧向き

『目的地に向かうための交通手段として』飛行機に搭乗するのではなく、

『搭乗で獲得できるポイントやマイルを考慮し』目的地が決まるという、

一般的感覚からすると、理解しがたい行為。

言うならば、ポイントやマイルを集めるための”実際の苦痛を伴った”リアルRPGゲーム。

そんなゲームが、一部の大人の間で、密かに流行っているのです。

 

日本で”修行”と言えば、もっぱら①の理由が主ですが、

広大な土地を持つアメリカでは、エコノミークラスで国内を格安飛び回り、

その時に獲得したマイルを利用し、国際線はビジネスクラスやファーストクラスで飛び回る、

②の理由が主流。http://boardingarea.com/ … プロのアメリカマイル修行僧が集まるサイト

3日間で飛行機に6回搭乗いたします

3日間で飛行機に6回搭乗いたします

 

さて今回の『シンガポール・タッチ・修行』、略して、”SINタッチ”。

ANA、JAL共に修行ルートの王道となっております。

 

構成は、

沖縄発・東京経由・シンガポール行きに、『国際線に地方から乗り継ぎ』という形で、

東京⇔沖縄往復 国内線を付け、

東京⇒沖縄⇒東京⇒シンガポール⇒東京⇒沖縄⇒東京というルートを

設定された最短日数、3日間で飛ぶ、というもの。

もう少し分かりやすく言うと、

1泊3日で沖縄を2往復・シンガポールを1往復

 

かつて、シンガポールに全く入国せず、2時間ほど滞在し、”タッチ”してそのまま帰国するため、

『シンガポール・タッチ』と、いつしか呼ばれるようになりました。

が、航空会社の発券ルールが年々厳しくなり、現在、一番安い価格帯の航空券では、

最低滞在日数2日、とうい決まりがあるゆえ、実際は24時間ほどシンガポールに滞在。

 

厳密には”タッチ”ではなく、撫でる程度の、シンガポール・ストローク(Stroke)。

ですが、語呂が悪いので、やはりSINタッチのままで良いかと・・・。

 

実録!JAL『シンガポール・タッチ』予約方法

 

① JAL ホームページにて、沖縄⇔シンガポール往復便を予約

② 支払いは行わず(ここ、とても大事!)、ここでは予約のみに留める

③ JAL ホームページにて、予め国内線の希望便名を控えておく

④ JAL 国際線予約番号に電話

⑤「 現在予約してある便に、国内線乗り継ぎを付けたいのですが・・・」とお願い

⑥ 「東京⇒沖縄間の便からお願いします」と始まるので、希望の便名を告げる

⑦ 諸税や燃油費を含めた、ざっくりとした合計金額が伝えられる

⑧ 支払いは、電話のみ(システムエラーのため、手数料はなし)

⑨ 最終金額を計算し直すため、折り返しの電話を待つ

⑩ 合計金額が伝えられ、電話でクレジットカード番号を入力し、支払い完了

⑪ キャンセル時のルール説明や、座席希望のリクエストも同時進行

⑫ 友人も全く同じ旅程なのですが、電話を代わって良いですか?と聞くと快くOK

④ 〜 以下繰り返し

 

jal_sin_touch.7

どこに住んでいようとも、SINタッチは沖縄⇔シンガポール往復を予約するところからスタート

jal_sin_touch.6

税・燃油費別で4万6000円というのが、求めている航空券の最安値

jal_sin_touch.5

国内線の時間は変更可能

jal_sin_touch.4

シンガポールから羽田到着は、朝10:00頃 
最初の設定である11:40分だと少し早いので、12:20発か13:20発の便かで悩む

jal_sin_touch.9

一番最初の”羽田⇒沖縄”は、沖縄⇒成田の便以前に到着していなければならないので
選択肢は、この5便

jal_sin_touch.8

最終の沖縄⇒羽田便は、疲れた体をすぐにでもおウチで癒したい旅行者は、早めの便を
沖縄でソーキそばや、A&Wを楽しみたい旅行者は、なるべく遅い便を選択

jal_sin_touch.2

こちらが最終的に出来上がった”旅程”

 

『チッ、また修行僧か・・・』な態度を取られたら、この先、私、生きていけないかも、

と最初から弱気で、JAL国際線予約センターに電話。

ありがたいことに、電話を受けてくださった、福岡予約センターのミゾグチさんが、

それはそれは、とても良い方で、明らかにおかしな旅程にも関わらず、全力で受け答え。

 

途中、ミゾグチさんが「羽田から沖縄、沖縄からシンガポ、失礼いたしました、成田・・・」

と、ちょっと混乱してしまうところにも、むしろ親近感。

最後に、「複雑な旅程で、お手数おかけして、すみませんでした」と謝ると、

「とんでもございません!JALをご利用いただいき、ありがとうございます!」

の嬉しいお言葉。この時点で、すっかり心はJALに。

青組であることを忘れ、にわか鶴丸ファンとなりました。

 

無事に、JAL修行初回SINタッチ予約完了。

3日間で、6回も飛行機に乗れる上に、

沖縄初上陸と、シンガポールでカヤトーストも堪能。

こんな楽しいことが、他にありましょうか?

 

今年、2014年は、JAL修行最良年

興味のある方。まだまだ、時間はあります。

ぜひ、シンタッチで修行僧デビュー、してみてはいかがでしょうか?

 

Pocket