royal_orchid_card.1

『タイ航空のロゴ入り』というだけで、特別なお届けものに

タイ航空

その名前を聞いただけで、胸は高鳴り
そのロゴを見ただけで、 心が弾む

無条件に愛して止まない航空会社ですが
どうしても納得いかないのが
タイ航空が発行しているクレジットカード

そんなロイヤルオーキッドプラスVISAカードから
こんなお届けもの

royal_orchid_card.2

そういえば、数年前にタイ航空のマイルプログラムに申し込んだような・・・

とある晴れた日。

ポストをのぞくと、”あの”タイ航空からお届けもの。

正式に言えば、住友カードからお届けもの。

 

すでに財布の中には、

『使われる機会に恵まれない、航空会社のロゴ付きクレジットカード』が、

3枚ほどいらっしゃるので、これ以上”住人”を増やす気は、さらさらないのですが、

せっかくなので、開封。

royal_orchid_card.3

羽田から、毎日2便!なんて便利な世の中になったのでしょう

royal_orchid_card.5

どんどんマイルが貯まって行くような表現ですが・・・

royal_orchid_card.4

プレゼントのボトルが届くのが、来年・・・。なぜそんなに時間がかかるのでしょうか・・・?

どうやら、現在カード入会でボーナスマイルアップのキャンペーン中 。

そして、もれなく『ロゴ入りボトルをプレゼント』とのこと。

カードに入会するだけで、最大4万5000マイルは、何となくお得な気がしますが、

果たして、いかがなものなのでしょう。

 

これを機会に、冷静に航空会社提携クレジットカードについて、考えてみました

 

気になる点は、以下のふたつ

航空会社提携カードで、本当にマイルが貯まるのか?

カードを使用しているだけで、本当に旅行にいけるのか?

 

御ひいきにしている航空会社のクレジットカードを持つ利点として、

各種ボーナスマイルが挙げられます。

① 新規入会ボーナス

② カード継続時ボーナスマイル

③ 初搭乗ボーナス

④ 搭乗ボーナスマイル

これらの恩恵を受け、効率良くマイルを貯めていく前提で

航空会社提携のカードを申し込む利点が、見えて来るのです。

 

タイ航空 ロイヤルオーキッドプラスカードと日系航空会社のカードを比べてみました

 タイ航空 VISA ゴールドANA VISA ワイド ゴールドJAL VISA Club A
年会費15,000円+税14,000円 + 税10,000円 + 税
入会
ボーナス
2000マイル2000マイル5000マイル (要JAL搭乗)
継続
ボーナス
2000マイル2000マイル2000マイル (要JAL搭乗)
搭乗
ボーナス
なし25% プラス25% プラス
換算率100円 = 1マイル1000円 = 10マイル200円 = 1マイル

 

う〜ん、カードの年会費の割に全く恩恵がない、ロイヤルオーキッドVisaカード。

ANA、JALの場合、これとは別に、カードを持つ事で、提携ホテルの宿泊費が安くなったり、

空港内のお店で割引が受けられたり、と旅人にありがたい特典が付きますが、

その辺りも皆無。タイ国内で、スワンナプーム空港で、お得な何か等があれば、

タイ好きの心をつかめるかもしれませんが、今の時点で魅力はないようで。

 

では、タイ航空のマイレージプラグラム『ロイヤルオーキッドプラス』での

旅行のしやすさは、いかがでしょう?

 タイ航空ANAJAL
プログラム名Royal Orchid Plusマイレージクラブマイレージバンク
東京⇔バンコク
エコノミー
4万50003万 〜 4万3万5000
東京⇔バンコク
ビジネス
7万5万5000 〜 6万50006万
マイル使用期限36ヶ月36ヶ月36ヶ月
特典航空券の
燃油サーチャージ
徴収
(特定の航空会社)

(特定の航空会社)
特典航空券
片道使用
△ (より高いマイル数)X (往復分必要)X (往復分必要)
インターネット
予約

(タイ航空&英語のみ)

(提携航空会社含め)

(提携航空会社含め)
足りないマイル
購入
XX
マイルを一緒に
使える人
誰でも
(登録した5人まで)
第二親等以内の人第二親等以内の人

 

実際に飛行機には乗らず、クレジットカードを使用したいわゆる”陸マイラー”として

日本⇔バンコク間のビジネスクラスを狙うと・・・

70000(必要マイル) – 2000(ボーナスマイル) = 68000 x 100 = 680万円

残念ながら、一般庶民には遠い数字。

では、今回のボーナスマイルを考慮すると・・・

70000(必要マイル) – 45000(ボーナスマイル) = 25000 x 100 = 250万円

250万円・・・

 

ちなみに、タイ航空 成田⇔バンコクのビジネスクラスは、

燃油費・諸税合わせて16万5000円ほどから。

ANAの20万円〜、22万円以上と比べると、手の届きやすいその航空券。

royal_orchid_card.6

カードの魅力で紙面を埋めきれなかったのか、最後はタイの観光名所(笑)

ということで、

ロイヤルオーキッドプラスカードを持つべき人は・・・

 

とにかくタイ航空が好き

とにかくタイ航空が好きで、タイ航空に関するものならすべて持ちたい

とにかくタイ航空が好きで、カードのデザインだけでご飯が食べられる

とにかくタイ航空が好きで、クレジットカードの年会費さえ気にならない

 

そんな ①自他共に認めるタイ航空ファン 、かつ ②お財布にとっても余裕のある人、という、

ターゲットがえらいニッチなのが、ロイヤルオーキッドプラスカード、というのが結論。

 

残念ながら、自分は、②が該当しないため、申込書は破棄。

ですが、いつかこのカードを持てる日が来るよう、タイ航空のロゴ部分は切り取り、

会社のロッカーに貼って、拝んでおります。

 

Pocket