sheraton_seoul_d_cube_club_room.24

無料のお水2本

そこそこお得なホテルがあるソウルにおいて
1泊2.6万円となかなか値の張る
『シェラトン・ソウルディーキューブシティーホテル』

そこまで出す価値のあるのかと問われれば
自信を持って、「YES」
一度泊まっていただければ
きっと、その良さを分かっていただけるはず

 

さて、Lotte Mallで少しガッカリしてから向かったのは、

今回で2回目の宿泊となる『シェラトン・ソウルディーキューブシティーホテル

金浦空港からは、地下鉄で1回乗り換えがあるものの、30分ほどで到着。

sheraton_seoul_d_cube_club_room.2

こちら駅直結のホテル入り口 右手にホテルのデリが見えます

sheraton_seoul_d_cube_club_room.3

入り口から数歩で、この小さいSheratonマークが目に入るはず

sheraton_seoul_d_cube_club_room.4

ここにSheratonホテルのチェックインカウンターがある高層階まで行けるエレベーターが

『最寄り駅、新道林駅から直結』というのが、ウリのこちらのホテル。

ですが、駅から来ると、ホテルの入り口が、少々分かりにくいのが、ちょっと気になる点。

 

電車を降り、1番出口から出て、真っ直ぐ進み、左手にコンビニが見えたら正解。

その右横に、ホテル入り口となる、回転式のドアが。

ビルに入ると、右手にちょっとした小部屋があり、

そこに、ホテルフロントデスクがある41階まで行けるエレベーターがあります。

sheraton_seoul_d_cube_club_room.6

クラブラウンジにてチェックイン

sheraton_seoul_d_cube_club_room.1

高層階にあるので、ステキな眺め

sheraton_seoul_d_cube_club_room.7

ここがクラブフロア利用者の朝食会場となります

今回は奮発し、クラブフロア宿泊となったため、チェックインも38階のクラブラウンジで可能。

「今回、2回目の宿泊なんですね。ありがとうございます。」なんて会話をしながら、

サクッとチェックインが終了。

このホテルのスタッフは、どの方も本当に朗らかで、滞在中、すれ違えば笑顔。

韓国では、ちょっと珍しいかもしれません。

sheraton_seoul_d_cube_club_room.8

フカフカのベッド

sheraton_seoul_d_cube_club_room.9

どの部屋も広さにそれほど違いはないようです

sheraton_seoul_d_cube_club_room.10

こちらクラブフロア宿泊者向けの案内

sheraton_seoul_d_cube_club_room.11

水回り

sheraton_seoul_d_cube_club_room.12

トイレはウォシュレット付き、ではありません

sheraton_seoul_d_cube_club_room.13

アメニティー 歯ブラシはないので、ご注意を

sheraton_seoul_d_cube_club_room.14

ティッシュとタオル

sheraton_seoul_d_cube_club_room.15

部屋にもスチームサウナを完備(浴槽の部屋もあり)

景色や、設備、備品などは、2回目の宿泊ということもあり、

特に問題なかったのですが、前回と違い、

部屋に入った瞬間から気になっていたことが、一点。

 

禁煙の部屋ながら、タバコと消臭剤が混ざったような、何とも言えない独特の部屋の臭い。

「建物が新しいため、接着剤のような臭いがする」

とのレビューをチラホラ見かけてはいたものの、

それとはまた違う、芳香剤のような、

強い臭いが部屋に充満しており、ちょっと気分が悪くなるほど。

そのうち慣れるだろう、と気に留めないよう努力してみましたが、

やはり耐えられるレベルになく、フロントに電話。

sheraton_seoul_d_cube_club_room.16

クローゼットの中

sheraton_seoul_d_cube_club_room.17

スリッパ

sheraton_seoul_d_cube_club_room.18

ネスプレッソとインスタントコーヒー、お茶など

sheraton_seoul_d_cube_club_room.19

残念ながら、電源入らず・・・

電話してから、すぐに部屋に現れたのは、日本語が堪能な女性スタッフと、お掃除のおばさま。

臭い件を伝えると、

「建物が新しいので、どうしてもこのような臭いがまだ残っている」とのこと。

「部屋を変えるか、または、空気清浄機を入れる事もできますが」との提案。

結局、部屋を換えていただく流れとなりました。

 

新しくアサインされたお部屋も、先ほどまでとは言わずとも、多少の臭いが・・・。

ただ、非常に良い対応をしてくださったこともあり、

「これ以上言うのもなんだから・・・」と、ここで様子を見ることに。

 

最後に、お掃除のおばさまが隅から隅まで点検し、完了。

そのプロ意識の高さと、チームワークの良さに、改めてこのホテルの素晴らしさを確認。

「また何かあれば、遠慮なくお申し付けください」と名刺までいただきました。

sheraton_seoul_d_cube_club_room.20

プリングルスとタイツ?

sheraton_seoul_d_cube_club_room.22

ホテルのすぐ下にコンビニがあるので、こちらを利用する客は少ないかと

sheraton_seoul_d_cube_club_room.21

コップなど

sheraton_seoul_d_cube_club_room.23

何だかんだで、落ち着いたのは午後5時前

すでに午後の5時前となってしまいましたが、

明洞や仁寺洞、東大門等、ソウルの繁華街に、それほどの興味もない二人は、

この高級ホテルで日々の疲れを癒そうと、ホテルライフを満喫することに。

 

まず手始めに、クラブフロア宿泊者は無料で利用できる、サウナへ。

先客は一人しかおらず、ほぼ貸し切り状態。

シャワーブースと、洗い場、大きな浴槽が一つと、異様に暑いスチームサウナを完備。

以前利用した、新羅ホテルのサウナと比べると、少々こじんまりしているものの、

大きなお風呂にゆったり浸かれば、気分爽快。

 

洗い場には、シャンプーやコンディショナー等が、

脱衣所には、タオル、T-シャツ、短パン、ドライヤー、コットン等、

必要なものが、すべて揃っているので、

クラブフロアに宿泊した際は、街のチムジルバンではなく、

ホテルの大浴場、そんな選択肢もアリです。

 

Pocket