skymark_uniform

鮮やかな緑のシートを背景に、鮮やかな青い制服・・・ なんだか落ち着きません © Aviationwire

日本国内で初めて
世界最大旅客機のA380を導入する航空会社
としてではなく、全く違う次元で
とても話題となっている、スカイマーク

キャンペーン用に導入された
期間限定”超ミニスカ”ユニフォーム
さて、この制服に対する世の中の反応は?

 

 

— スカイマークの「ミニスカ制服」をどう思う? — Yahoo!

フタを開けてみれば、すこぶる評判が悪い、スカイマークのキャンペーン用制服。

 

スカイマークと言えば、過去にも大胆なサービスコンセプトで、大いに話題となった航空会社。

— 「苦情お断り」のスカイマークに乗ってみた意外な感想  — NAVARまとめ

 

スカイマークの勝負所は、JAL、ANAより安い運賃。

社長の「我々は、サービス業ではなく、輸送業者」の素直な発言と共に、

この潔いサービスコンセプトにも、むしろ好感を覚えました。

skymark_ceo

その手が、逆にイヤらしい・・・・
© Aviationwire

しかし、今回は、いささか疑問が残ります。

「女性を商品として扱っており、セクハラ行為を誘発しかねない」との声もありますが、「場違いな気持ちを呼び起こさないか」という問いに、西久保社長は「お客様を侮辱している」と返答

とは言うものの、写真に写る、宙ぶらりんな社長の左手に、若干の迷いが感じらるのも事実。

virginatlantic_celebrates_25th_birthday

ここまでやれば、立派なもんです
Virgin Atlantic の名物社長とKate Moss

目立つように広告の一環として用意した。スカイマークは国内線において38歳までをCAの職務定年としており、若くて元気なスカイマークをアピールしようと思った。各路線半年ずつしか使わないし、ほとんどの路線は今まで(と同じ服装)のサービスを続ける。会社全体で見ると、ごく一部の便(のキャンペーン)だ」

ミニスカートの丈、云々より、この辺りの発言が、問題なのではないかと。

 

目立つように広告の一環、38歳までをCAの職務定年、 若くて元気なスカイマークをアピール

って、一体全体、どんな客層の方々をターゲットにしているのでしょうか?

 

会社全体で見ると、ごく一部の便(のキャンペーン)だ

批判が出ることも承知の上で、限られた路線、期間なのだし、

問題があったとしても、ここは、まぁ、ガタガタ言いなさんな、ということなのでしょうか?

virginatlantic_ceo

ここでも大胆なVirgin Atlantic の名物社長、リチャード・ブランソン氏

virginatlantic

Virgin Atlanticのスカート丈も短めですが、全くイヤらしさを感じさせません

virginatlantic_party

Virgin Atlantic: パーティーの一コマ
後ろの蝶ネクタイの美男な方々は、社員ではない模様

話題作りのためなら、もっとガッチリ攻めたら良かったのではないのでしょか?

丈が短いことだけが話題となっている制服も、

もう少し、美しく造ることはできなかったのかと。

セオリー」というブランドがデザインしたらしいのですが・・・。

indigo_uniform

インドの航空会社、IndiGOの制服 思い切ったポーズ、いいですね

indigo_ceo

写真中央に写っているのは、IndiGOの社長のAditya Ghosh氏

2006年に設立されたばかりのインドの航空会社、Indigo。

社長のアディティア・ゴーシュ氏は、元々法律家で、航空業界とは無縁だったよう。

ビジネスに必要なのは一般常識。経験は必要条件ではない

遅延、欠航は当たり前、という”インド航空業界の常識”に捕われず、

格安航空会社ながら、定時発着を徹底したことで、

市場シェアも15%以上を有するまで急成長した航空会社。

前出のリチャード・ブランソン氏も、航空業界とは関係ない、音楽業界出身。

qantas_uniform

こちらカンタス航空の新ユニフォーム 特にコートと帽子がステキ

finnair_uniform

さすがは、デザインの国、北欧フィンランドのFinn Airのユニフォーム

ana_uniform

ANAの制服、何ですかね、う〜ん

jal_uniform

JALの制服 ・・・

今回のスカイマークも、日本の航空業界の常識に捕われず、

スカーフ・紺色・ブレザーの組み合わせではない、

老若男女、誰もが振り返るような、徹底的に美しい制服を造り、

「保安員とはいえども、華やかだっていいんだよ!」ぐらいの気合いを見せて欲しかった、と。

 

それを『短くすりゃ、目立つだろ』という、短絡的としか思えない内容のキャンペーンで、

その裏に自社への愛や想いが感じられないことに、非常に違和感を覚えるのです。

psa_uniform

スカイマークが目指したのは
この辺りのレトロ具合なのかと思いますが

nook_air_uniform

どちらかというと、タイのNook Airや

scoot_uniform

シンガポールのスクートを彷彿とさせます

sriLankan_uniform

ある意味セクシーなスリランカ航空の制服

何ですかね、中途半端な印象が否めません。

期間限定で、話題作りのためだけに不評な制服を造るくらいなら、

いっその事、女子高生や看護婦の格好でも、良かったのではないかと。

skymark_seat

灰色と鮮やかな緑の組み合わせ あえて格安感をだしているのでしょうか・・・?

さて、スカート丈ばかりに注目が集まっていますが、今回、何が罪って、その座席。

スカイマークが導入する、エアバスA330-300型機は、

全席にシートピッチが広めの「グリーンシート」を搭載。

シートピッチは、ANA、JALよりも広く、全席にレッグレストを備えてあり、また、リクライニングしない状態でも、背もたれが3度傾いているため、離着陸時もくつろげる。Aviation Wire

 

と、シート自体は文句なしですが、なぜに「グリーンシート」?

新幹線のグリーン席を彷彿させるため?

そして、コーポレートカラーがブルーとイエローにも関わらず、文字通り、席がグリーン。

 

せっかくの”高級仕立て”シートも、あの色では台無しです。

鮮やかなグリーンは、ロシアのS7、”緑なシート”はエバー航空に任せて、もう少し品のある、

落ち着いた色にすることは、できなかったのでしょうか?

 

virginatlantic_seats

Virgin Atlanticエコノミー座席 すっきりとした機能美

ana_premium_economy

ANAプレミアムエコノミー座席(未採用) 透けているパーテーションが心憎い

jetblue_seat

アメリカの格安航空会社 JetBlueのビジネスクラス

newzealand_air_premium_seat

ニュージーランド航空の新しいプレミアムエコノミー座席

スカイマークが、このA330-300型機を投入する路線で目指すは、80%の搭乗率。

素人目からしても、かなりハードルが高いように思えるのですが・・・。

もう、開き直って、全く新しいコンセプトの航空会社にしてしまうのは、いかがですか?

 

スカイマーク様、参考に、以下をどうぞ。

 

まずは、あのセクシー(?)レストラン、Hootersが運行していた、幻の航空会社、Hooters Air

実際にこのような航空会社があったとは、驚きです。

 

お次は、男性用制汗剤のCM。ここまで徹底すれば、乗る方も迷いはないはず。

 

 

いかがですか、社長?

そんな『路線』を、目指しているのではないって?

今回のキャンペーンでは、このように捉えられても、仕方がないような。

次回、A380導入時のキャンペーンに期待です。

Pocket