oz_1115.1

ソウル・金浦空港までお世話になるアシアナ機

関空からソウルの羽田こと金浦までは
2時間弱という短い旅

そんな、わずか間な”上空”でも、
無料機内食、無料ソフトドリンク
無料エンターテイメントの
てんこ盛りサービス

LCCが台頭してきているアジア路線で生き残りをかけた
レガジーキャリア・アシアナ航空の意地を
垣間みて参りました

 

関空・金浦間は、そこそこの激戦区。

ANA、JAL、アシアナ、大韓の他に、韓国のLCC・チェジュ航空も飛んでいます。

関空・仁川間を含めると、そこにピーチとイースター航空も加わり、選び放題。

 

「思い立ったら海外旅行!」と、

個人でもインターネットで、サクッと航空券やホテル予約が簡単に出来てしまう、昨今。

レガシーキャリアが、飛行時間が短い路線で、

LCCの『日帰り』『片道』『格安航空券』に対抗するのは、

いくら無料の機内食やマイルの付与があったとしても、なかなか難しいものがあります。

そんな時代だからこそ、ラウンジの充実化、ぜひ。

oz_1115.2

asi”ANA” airlines ちなみにANAは、All Nippon Air”WAYS”

oz_1115.3

翼には韓国な配色

oz_1115.4

お世話になるおは、A321-200

アシアナ航空 A321-200はビジネスクラス12席、エコノミークラス159席の計171席。

各席にモニターが付いていないタイプのA321もありますが、こちらは9インチのモニター付き。

映画1本見終えるのも難しい短い飛行時間のため、

モニターが付いていなくとも、大きな衝撃はありません。

oz_1115.5

今時は設備、USBポートはエコノミーで各席に

oz_1115.6

入国用紙や機内紙はビニル袋に

oz_1115.7

アシアナのエンターテイメントシステム

oz_1115.8

機内から眺める空は、いつだって最高です

oz_1115.9

機内食のサンドイッチとオレンジジュース この赤いプラスティックの食器、好きです

oz_1115.10

レタス、ハム、ポテトサラダ、チーズ

シートベルトサインが消えると同時に、慌ただしくなる機内。

アシアナ名物、華やか刺繍のエプロンを身に着けたCAさん達の登場。

この短い飛行時間でも、機内食がきちんと配られるようです。

 

機内食は1種類のみで、韓国、日本とも関係ない、サンドイッチ。

韓国路線と言えば、

『このメニューでどう使うかさっぱり分からないけど、取りあえず、チューブコチュジャン』

ですが、さすがにサンドイッチには付随せず。

 

サンドイッチを一口かじるか、かじらないか、というところで、

「コピ(コーヒー) いかがですか?」「オジャ(お茶) いかがですか?」の練り歩きが。

2時間弱の飛行時間ともなると、CAさん達も時間との戦いです。

oz_1115.11

イヤホンは座席左側の手すりに

oz_1115.12

日本から韓国行きの上空で、台湾の歌手、Jay ChouのCDを試聴

oz_1115.13

香港エクスプレスのシートピッチとさほど差がないような・・・

サンドイッチをコーヒーで流し込んだ後は、

エンターテイメントシステムをいじくり、金浦空港到着までの時間を過ごします。

 

映画やドラマの場合、気になるシーンの直前で画面が切り替わり、

悲しい思いをすることになるので、ここは音楽鑑賞。

台湾の歌手、周杰倫のアルバムを聞いてるうちに、夢の中へ。

 

 

oz_1115.14

金浦空港に無事到着

oz_1115.15

我先にと、人々がドアへと流れて行きます

oz_1115.16

改めてシートをぱちり

oz_1115.17

すぐにお掃除隊のアジュンマ達が機内へ

oz_1115.18

仁川に比べると、非常に質素な金浦空港

金浦空港には、定時の13時に到着。

仁川空港に比べ、国際空港らしい華やかさに欠ける金浦空港ですが、

その分、イミグレーションに並ぶ事もなく、またソウル市内へも近いので、

空港での免税品の買い物より、市内で多くの時間を過ごしたい旅行者にオススメ。

 

まだホテルのチェックインには早いので、

2011年に出来たロッテモール金浦空港を冷やかしに参ります。

Pocket