leaf_dessert.1

品甜葉玉ではなく、玉葉甜品です

甘いものは別腹、とは良く言ったもので
ワンタン麺を食べた直後に香港式デザート

「せっかくだから…」の言い訳とともに、3品オーダー
名物『 糖不甩』新しい食感に、ちょっとした衝撃

 

麺で小腹を満たした後は、甘いもの。

Openriceで評判の良かった、玉葉甜品  Leaf Dessertへ。

こちらも屋台式のお店。場所が少し分かりにくく、お店を探すのに多少時間がかかりました。

 

グルメストリート『威霊頓街』から2本山側、荷季活道沿いをエスカレーター方面に歩き、

道が二手に分かれる手前、右側にある伊利近街にその小屋(お店)はあります。

 

▶お店情報

玉葉甜品  Leaf Dessert

中環蘇豪伊利近街2號
星期一至六:12:00-00:30

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

玉葉甜品 Leaf Dessert 22.282676, 114.152579 玉葉甜品 中環蘇豪伊利近街2號 12:00-00:30 青空香港式デザートのお店
leaf_dessert.2

高いところまで組まれている竹の足場

leaf_dessert.3

けっこうな人数で作業していますが、最大耐荷重はどのくらいなのでしょうか?

leaf_dessert.4

準備された、竹 まだまだ高くまで足場が組まれるようです

leaf_dessert.5

歩道は全く通行できなくなっています・・・

玉葉甜品までの道のりで見かけたのが、この工事現場。

何度見ても驚く香港ならではの光景のひとつに、この竹で組んだ工事現場の足場があります。

いたるところで組まれているので、旅行中必ず一度は目にするかと。

 

竹で組む理由としては『安いから』が、一番の理由らしいのですが、

他にも『湿気の多い香港では、金属製はさびてしまう』や、

『土地が狭い香港では、金属製の置き場に困る』、

『金属製だと落としたら大事だが、竹製ならそれほど心配しないで良い』など、

様々な理由が重なって、どんな高い場所でも未だに竹製足場が組まれるようです。

 

さとうきびジュースで有名な「公利真料竹蔗水」の目の前で作業中ということもあり、

「落ちたらどうするんだ」「安全ベルトは付けているのか」など、

さとうきびジュース片手に、熱心にその光景を写真に収める、各国観光客。

leaf_dessert.7

坂の入り口にあるお店

leaf_dessert.6

繁盛店のようです

公利真料竹蔗水から、徒歩1分のところにあるのが、玉葉甜品。

お店はお昼時ということもあり、ほぼ満席。

壁にかけられた手書きメニューを見ながら、席が空くのをしばし待ちます。

 

忙しそうに麺をよそったり、注文を聞いている店員さんに、

なかなか気づかれる様子はなく、しばしウロチョロ。

ぶっきらぼうな男性店主が、「邪魔だ!」とばかりに、

「立っていないで、そこに座れ」とジェスチャー。

一瞬ひるみますが、こんなことで気を落としていたら、香港では何も食べられません。

leaf_dessert.8

お持ち帰りのお客さんも多く

leaf_dessert.9

ご飯向けの調味料類

leaf_dessert.10

大胆な筆使いのメニュー

メニューを見ながら指差しオーダー。糖不甩  / 芝麻糊 / 紅豆沙を選択。

甘いもの3品の注文に、なにやら曇る店主の表情。

確かに周りを見ると、お昼時ともあって、ガッツリご飯系ばかり。

ですが、今食べたいのは 甜品/糖水なでの、気にせず希望を伝えます。

leaf_dessert.11

各テーブルには英語表記付きメニューもあるので安心

leaf_dessert.12

左から、紅豆沙 / 糖不甩 / 芝麻糊

念願の甘いもの3品がテーブルに運ばれてくると、何やらざわつく周りの人々・・・。

それに対し広東語で答える店主。

 

『この時間帯は甜品は食べるべからず』といった地元民の暗黙ルール等があるのかしら?

と、多少気にし始めますが、すでに目の前に並んでいるので、後の祭り。

 

糖不甩 は熱々。

茹でられた柔らかめの団子に、ココナッツと砂糖、ピーナッツのカリカリ感が加わり、

何とも言えない食感と、ほのかな甘さがたまりません。

 

芝麻糊はドロドロ系ではなく、粗いゴマが残るザラザラ系。

液体自体もサラッとしており、ドロドロであるほど美味しい、と思っている私としては、

粘り気が足りず、少々ガッカリ。

 

紅豆沙は温かいものを注文。特に可もなく不可もない、普通のおぜんざい。

leaf_dessert.13

食べ進めると、なにやら日本語が・・・

leaf_dessert.14

ごちそうさまでした

食べ終わるころ、ガヤガヤしていた他のお客さんを見ると、

ちゃっかり、海帶綠豆や芝麻糊をデザートにオーダー。

 

「自分たちも、甘いものを食べているではないか・・・」

 

となると、先ほどの一幕は、デザートを注文したことによるものではなかったのか?

甘いものは一人一品、と決まっているのか?

あの3品の組み合わせが香港人的にタブーなのか?

など、仮説をいくつか立てたものの、

結局、なんのざわつきだったのか、最後まで分からず仕舞い。

そもそもお店の名前が玉葉”甜品”と甘いもの屋を謳っているので、

どの時間にデザートを頼んでも良さそうなものなのですが・・・。

 

昼食で訪れた水記と同様に『目指して来るお店』ではありませんが、

そばを通りかかったら、ぶっきらぼうさにひるむことなく、

ぜひ、青空の下で香港式デザートを楽しんでください。

Pocket