sfc_calendar_diary.1

ANAから白い大きな箱が到着

Super Flyersのカード
Super Flyers入会記念ラゲッジタグ に続き
またまた、ANAより荷物が届きました

手に取ればずっしり、 でも中身はさっぱり
その重さと大きさに、ちょっとした期待

 

封を開けてみると、そこにはお手紙と共に、2種類の包みが。

見つめること数秒。

これがサプライズでも何でもなく、

『自分で選んだ代物』だとういうことを思い出すのに、多少時間がかかりました。

 

ANAプラチナサービスのひとつ、スケジュール帳&カレンダー。

半年ほど前、スケジュール帳&カレンダー送付か、送付なしで500マイルの付与か、

ANAから『究極の選択』を迫られた過去がよみがえります。

 

今回は”最初で最後”のANAプラチナステータスであろうことが予想されるので、

記念としてこのスケジュール帳とカレンダーを希望。

 

500マイルもちょっとステキな響きではあるものの、

特典席の少なさや、燃油費徴収などが使用機会をはばみ、

ANAのマイルを持て余してしまっている現状を考えると、

最善の選択だったように思えます。

sfc_calendar_diary.2

大きな箱がスケジュール帳、小さい包みが卓上カレンダー

sfc_calendar_diary.4

とても立派なスケジュール帳

まずは、こちらのスケジュール帳。

大きさは、ガッツリA4サイズ。大きくて、重いです。

封を開ける前は、、「大きくて、重いプレゼントはステキな物」と思っていましたが、

それがスケジュール帳となると、話は別。

 

持ち歩きには、全く適さないサイズですが、

かといって家にスケジュール帳が必要なほど、充実した生活でもありません。

何も書かれることなく、そのまま放置され、タンスの肥やしと化す匂いがプンプンします。

sfc_calendar_diary.5

見開きカレンダー

sfc_calendar_diary.6

12ヶ月が1ページに

sfc_calendar_diary.7

1週間分の予定が書き込めるページ

sfc_calendar_diary.8

後ろにある、メモ書きページ

sfc_calendar_diary.9

時差の表と国際電話をかける時の国番号表

スケジュール帳の中身ですが、日本を代表する航空会社『全日空』が作ったものだけに、

何か飛行機にちなんだ形式だったりするのかと思えば、全くもって、普通の黒い大きな手帳。

 

羽田 成田 関空 それぞれの空の日フェスティバル、

航空科学博物館の「航空ジャンク市」(ちなみに2014年は、3月8日[土]と3月9日[日]の2日間)

などの、飛行機や空港にちなんだ記念日、

 

退役パイロットのラストフライト日、大御所CAさんの誕生日、

ANA所有航空機の一覧、預け荷物サイズ表、路線・クラス別機内食メニュー、

獲得プレミアムポイント記入欄、はたまた、航空券の半券を保管できるポケット等

 

一般人から見れば『不必要』な機能も、ANAを愛する者から見ればトキメく、

そんな遊び心を期待しただけに、残念。

 

「今年の手帳も、あのANAからのモノを使おう!」と

本気モードで、このスケジュール帳の到着を待っている人は、それほど多くはないはず。

ぜひ、来年からいかがでしょう?

sfc_calendar_diary.3

ANAと言えば、もちろん787

sfc_calendar_diary.10

日本と言えば、富士山、ANAと言えば787

さて、カレンダーですが、こちらは『ANAの機体と日本の美しい風景』モチーフ。

1月は、B787と富士山、2月はB737とオホーツクの雪景色、

3月は(退役決定)B747ジャンボと羽田空港、のように続きます。

sfc_calendar_diary.11

二階建てB747ともお別れ

sfc_calendar_diary.12

4月はやっぱりサクラ

sfc_calendar_diary.13

沖縄の美しい海にANAの機体が映えます

sfc_calendar_diary.14

Star Alliance仕様の機体

sfc_calendar_diary.15

コスモス、紅葉、すっかり秋です

sfc_calendar_diary.16

スカイツリーとANA

これはこれで、大変良いものなのですが、もう少しヒネリがあると、嬉しいような。

例えば、

『ファーストクラス機内食』で綴る12ヶ月

『各機体ビジネスクラスシート』で綴る12ヶ月

『歴代人気制服』で綴る12ヶ月

『CAさんの一日の仕事の流れ』で綴る12ヶ月

『アメニティーの歴史』で綴る12ヶ月

など、他では見られないカレンダーを大胆に作ってみては?

 

ちなみに、このカレンダーや手帳と同じものの扱いはありませんが、

ANAのショッピングサイト、astyleでは、オリジナルカレンダーや手帳を販売しています。

 

sfc_calendar_diary.17

2014年、引退が決定しているB747のカレンダーは完売。

やはりファンとしては、こういったニッチなカレンダーを求めているようです。

 

もうひとつちなむと、もちろんJALもオリジナルカレンダーを販売中

 

sfc_calendar_diary.18

ANAと同じように、JALの機体写真から、

『台北故宮博物院所蔵名品集』『美ら島物語』『日本文化が生み出した貴重な美術品』など

なぜか、JALとは関係ないようなカレンダーまで、幅広く用意。

この辺りの冒険心は、JALに軍配。

 

来年こそ、ANAにも大胆に攻めてもらいたい、そんなことを思いながら、

使い道が分からない手帳を、おもむろに白い箱へと戻したのでした。

Pocket