hk_disneyland_impression.3

メイン二人との写真撮影も、日本ほど長蛇の列ではありませんでした
12月ということで、クリスマス仕様

旅の目的が『香港エクスプレス』に乗ることだっため、

1泊2日と弾丸旅行ながらも、香港での行動に余裕のあった今回。

せっかくなので、以前から気になっていた『香港ディズニーランド』を訪ねてみました。

 

大のディズニー好き!というわけではありませんが、

東京ディズニーランド、ディズニーシー、オーランド、カルフォルニア、

と、それなりにディズニーパークを巡っています。

 

知っているキャラクターといえば、メインの二人や、

ピクサーの映画に登場する数人程度ですが、

それでもディズニーの魔法にかかり、また行きたい!と思ってしまう不思議さ。

さて、香港ディズニーランドでは、いかに?

hk_disneyland_impression.1

ここで撮影して、そのままU-ターン、という人もチラホラ

初訪香港ディズニーランド
こんな具合で行きました

 

▶ 旅程

12月4日〜12月5日『1泊2日』の弾丸旅行

 

▶ 利用航空会社

羽田空港から『LCCの香港エクスプレス

 

▶ 宿泊ホテル

上環駅近くの『Ibis上環ホテル

 

▶ パークまでの交通

香港駅から『MRT』片道23.3HK$(オクトパスカード利用)

 

▶ 滞在時間

お昼から閉園時間までの『8時間』

 

▶ 体験したアトラクション数

『13種類・16回』最長で並んだのは、『Festival of the Lion King』の20分

 

▶ 食べたのも・飲んだもの

テーマパーク価格と分かっていても、喉はかわくし、腹も減る、ので

 

▶ パーク内で使ったお金

『251HK$ (3,370円)』お土産は一切購入しなかったので、食事代のみ

 

▶ 入場券

パーク入り口で、『1Day Pass – 450HK$』を購入

 

▶ 服装

『長袖T-シャツ&薄手のパーカー』で暑さ・寒さに対応したつもりが、どちらも中途半端に

 

hk_disneyland_impression.8

Sony Nex【ミニチュアモード】で撮影した香港ディズニーランド
Toy Soldier Parachute Dropのてっぺんからの景色は、こんなです

香港ディズニーランド
実際に乗ったアトラクション&食べたもの

Fullscreen-Logo
香港ディズニーランド 8時間滞在マップ

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

l 12 Its a small world: 22.313624, 114.038826
a Hong Kond Disneyland Railroad: 22.313054, 114.043998
b RC Racer: 22.310384, 114.039199
c Toy Soldier Parachute Drop: 22.310284, 114.039349
d Mystic Manor: 22.309900, 114.040757
e Big Grizzly Mountain Runaway Mine Cars: 22.310006, 114.042217
f Festival of the Lion King: 22.311699, 114.043134
g Jungle River Cruise: 22.311242, 114.041125
i The Golden Mickeys: 22.314021, 114.039620
h Mickeys PhillharMagic: 22.311937, 114.040629
j Space Mountain: 22.314021, 114.041170
m Orbitron: 22.313505, 114.041830
n Autopia: 22.313734, 114.041879
k Buzz Lightyear Astro Blasters: 22.313763, 114.042324
q Popcorn Cart: 22.312215, 114.044309
p 15 Jessies Snack Roundup: 22.310294, 114.039550
r Starliner Diner: 22.313232, 114.042045
o Disney in the Stars Fireworks : 22.312577, 114.041149

 

hk_disneyland_impression.2

ある意味、一番並んだ”アトラクション”がこちらの入場券売り場
モサモサとした対応で、時間がかかります

香港ディズニーランド
行く前に知っておきたいあれや、これ

▶ 1デイパス: 

12-64歳…450HK$(6,000円)  3-11歳…320HK$(4,300円)  65歳以上…100HK$(1,330円)

 

▶ 2デイパス:

12-64歳…585HK$(7,800円)  3-11歳…415HK$(5,500円)  65歳以上…170HK$(2,260円)

 

▶ 年間パス:

ブラックアウトデーなし…2,520HK$(33,500円) 詳しくは、こちら

 

▶ 開園時間: 10:00am

 

▶ 閉園時間: 8:00am(通常) 9:00pm(週末&繁忙期)

 

▶ 広さ:
126ヘクタール 東京ディズニーランドの1/4 

hk_disneyland_impression.4

香港ディズニーランドのキャストの雰囲気をよく捉えた一枚 疲れてますね、お兄さん

初めての香港ディズニーランド
気になったあれや、これ

香港ディズニーランド的ゲストのマナー

多くの日本人が懸念するのが、この点。かなりの覚悟で挑んだため、

『前評判ほど』悪くは感じなかった、というのが正直な感想。

もちろん、カリッとする場面はちらほら。

 

・・・ 例えば ・・・

▶ 押してくる
ライオンキングなどのショーでは、まだ待機中にも関わらず、グイグイ、ムギュムギュ

▶ 走る
Toy Soldier Parachute Dropなど『好きなのに乗っていい』系では、子供も大人も我先に、と激走

▶ フラッシュ撮影
注意を完全無視し、レッドカーペット並みにフラッシュ撮影
そんな身勝手な人々への注意方法も斬新で、
レーザービームのように、懐中電灯で顔を目がけて、無言で光攻撃

▶ 勝手に振り分け
3人で一組、2番の列、と言われたにも関わらず、
1人、2人と別れ、それぞれ、4番と5番へ。キャストも慣れたもので、臨機応変に対応

▶ 並ばない
トイレでは、1列並びを無視し、ドアの前に並ぶ人が続出。結果、大混乱

・・・と、このようなことが起きる、と想定していれば、問題ないかと思われます。

 

hk_disneyland_impression.7

ショーなどのキャストは、笑顔で安心

香港ディズニーランド的キャストの雰囲気

まず、先に書いたゲストのマナーのなさが、

キャストの大きなストレスとなっている点を、充分に考慮してあげましょう。

 

その上で、サックリお伝えすると、

ショーなどの特別なスタッフを除いて、

ほぼ、全員ビックリするほど、やる気がありません。

 

ゲストにハピネスを届ける』意欲はあまりないように思われます。

単なる仕事』と捉えているようで、笑顔は少なめ。

その潔さに、むしろ香港らしさを感じられ、好印象。

必要最低限 – その思えば特に問題ナシです。

 

ちなみに、話しかけられるとき、「普通語(中国語)」⇒「広東語」⇒「英語」の順

が、基本「普通語(中国語)」で押し通されます。

hk_disneyland_impression.5

こちらジャングルリバークルーズ
サングラス & 腰飲み物に異国情緒

香港ディズニーランド的アトラクション

パーク自体が世界最小なため、アトラクション数も少ない香港ディズニーランド。

ただ、日本よりも圧倒的に『家族連れ』が多く、

集中するのは、どちらかと言うと穏やかなアトラクションばかり。

 

香港ディズニーランド的待ち時間

アトラクション数が限られているので、ゲストが集中し待ち時間が長くなる、

となりそうなものですが、来園客数が少ないのか、待ち時間は短め。

最長で、45分。ほとんどが待ち時間0分と、日本の2時間待ちや3時間待ちがウソのよう。

 

もちろん、週末や、繁忙期にあたるクリスマス前後、

旧正月や夏休みとなると、そうもいかないかもしれませんが、

時期を少しでもずらせば、1日で全アトラクション制覇も現実に。

hk_disneyland_impression.9

夢の国っぽくない食事
あえて、ここで食べるメニューではありませんが、香港らしさは味わえます

香港ディズニーランド的食事

高いです、とっても。

美味しい料理が格安で食べられる香港において、

テーマパーク価格は悔しいものがありますが、仕方がない、とあきらめましょう。

なぜか、地元中華料理メニューが多く、ワンタン麺やチャーシューご飯が食べられます。

 

ちなみに、多くの大陸組は食事を持参。

家族仲良く、お茶っ葉入りマイ水筒片手に、

パン屋で買ってきた菠蘿包(メロンパン)に、かぶりつく姿をチラホラ。

もちろん、パーク内でマイ水筒にお水を補充。その光景はなかなかシュールです。

 

もうひとつちなむと、キャストもマイドリンクを腰に常時携帯。

好みの飲み物でOKなようで、人気はCC Lemonによく似た+C Lemonやポカリ。

暑い国ならではの光景。

hk_disneyland_impression.10

テーマパーク価格ながら、テーマパーク味とは思えない、食べ応え抜群のハンバーガー
さすが食の都、香港にあるディズニーランド

香港ディズニーランド的気候

日本に比べて温暖な香港。

12月とは言えども、昼間は24℃まで上がり、T-シャツ1枚で充分なほど。

ですが、油断は禁物。日が暮れると一気に寒くなり、上着が手放せません。

hk_disneyland_impression.11

どこかの公園のようですが、ディズニーランド内です
なんとなく、韓国の南大門市場を彷彿とさせます

香港ディズニーランド的服装

テーマパークでは、まず動きやすい格好を。

夜に花火を見る予定の方は、薄手の上着1枚を用意しましょう。

寒がりの方は、貼るホッカイロがあると安心。

 

注目すべきが、香港ディズニーランド独特と思われる服装自由奔放度。

アラレちゃんの帽子がやたらと目立つ若者や、全身キティーの子供などの、

別ものキャラクターで攻める系から、

仕事帰りに思わずディズニーな、堅苦しいスーツ組、

入場を規制すべきでは?とまで感じられるほど、露出度が激しい女性まで、様々。

 

香港ディズニーランド的パークまでの交通機関

香港駅、九龍駅からはほぼ乗り換えなしで、香港ディズニーランドに到着。

香港駅からは約40分26HK$、九龍駅からは約30分20.5HK$、と早くて安く、最良手段。

オクトパスカードを利用すればさらに割引。

残念なことに、香港空港からパークまでのアクセスはあまりよくなく、

現状、タクシーが一番便利。

 

結論

東京ディズニーランドとの違い、待ち時間なくアトラクションに乗れるのが大きな利点。

乗りたいアトラクションにはすべて乗れたため、満足感が大きく、

パークを去る時にある、名残惜しさは、今回に限って皆無。

ディズニー独特のマジカルな雰囲気にも欠けていたため、

「次は2年後で、いいかな・・・。」

といったドライな感情。

 

香港へはLCCも飛び始め、格安ホテルと組み合わせれば、

東京ディズニーランドへ行くよりも、お得に済んでしまう場合も。

香港市内へも近いので、1日目はディズニーランド、

2日目は香港市内観光でも無理なくこなせるスケジュール。

 

ウワサほどヒドくはなく、期待するほどの感動もない、

そんな印象の香港ディズニーランド、でした。

 

ご参考までに・・・

香港ディズニーランドマップ PDF
香港ディズニーランド 各エリアのアトラクション・レストラン・ショップリスト

▶ Main Street, U.S.A. ▶ Grizzly Gulch ▶ Toy Story Land ▶ Fantasyland

▶ Tomorrowland ▶ Adventureland ▶ Mystic Point

 

Pocket