taipei_oneday_trip.food.4

豆花: トッピングは王道、ピーナッツと湯丸

有給を持て余して困る、という贅沢な悩みを持つ知人から、こんな質問を受けました。

『台北日帰り旅行は可能 or 不可能?』 答えは、(物理的には) イエス。

しかし調べてみると、 貧乏暇なしならぬ、暇なし貧乏で、

予想以上に、旅行費がかさむことが判明。

そんな調査結果を、3つのルートでご紹介。

 

① 羽田⇔松山(台北)ルート

 

台北弾丸旅行で、最良かつ、最難なポイントが、

『桃園空港ではなく、松山空港を選ぶ』ということ。

台北には、2つ空港があり、その関係はまさに、羽田空港と成田空港。

時間が限られている旅行者にとって、松山空港はまさに救世主。

taipei_oneday_trip.map

松山空港⇒台北駅 タクシー:15分 桃園空港⇒台北駅 バス:60~120分

 

羽田空港⇒松山空港(台北) 時刻表
航空会社便名出発時刻到着時刻所用時間
チャイナエアラインCI223 07:2010:153時間55分
日本航空JL097 08:3511:404時間5分
全日空NH1185 09:2012:254時間5分
エバー航空BR189 10:4513:303時間45分
エバー航空BR19112:1515:003時間45分
全日空NH1185712:4015:504時間10分
チャイナエアラインCI221 14:1517:154時間0分
日本航空JL099 17:5521:004時間5分

 

松山空港(台北)⇒羽田空港 時刻表
航空会社便名出発時刻到着時刻所用時間
エバー航空BR192 07:3011:152時間45分
チャイナエアラインCI220 09:0012:402時間40分
日本航空JL096 09:4513:302時間45分
全日空NH118813:3017:303時間0分
日本航空JL098 15:3019:152時間45分
エバー航空BR190 16:0019:552時間55分
全日空NH1188 16:5020:402時間50分
チャイナエアラインCI222 18:1521:552時間40分

 

羽田⇔松山路線で、台北に一番長く滞在出来る組み合わせは、こちら

往路: チャイナエアライン CI223 07:20 10:15

復路: チャイナエアライン CI222 18:15 21:55

滞在時間は、約9時間。 2回食事、2回オヤツは余裕です。

 

気になる航空券代ですが、

チャイナエアラインでは日帰り(0泊)格安航空券を販売しておらず、

その金額は、なんとエコノミークラスで10万2700円。

まさかの10万円越え。

 

これでは、あまりにも現実的ではないので、

ちょっと豪華にビジネスクラスで調べ直してみました。

こちらも、驚きの16万4700円・・・

残念ながら、懐に相当な余裕がない限り、

チャイナエアラインでの日帰り台北旅行は、楽しめないようです。

taipei_oneday_trip.food.10

春水堂の珍珠奶茶: 桃園・松山空港両方に支店あり。弾丸旅行の〆にうってつけのメニュー

 

では、お手頃な日帰り航空券はないのか探してみたところ、ありました。

エバー航空、5万6,720円。 フライトスケジュールは、こちら

往路: エバー航空 BR189 10:45 13:30

復路: エバー航空 BR190 16:00 19:55

滞在時間は、約2時間30分。スーパー弾丸!

 

いくらなんでも2時間では、1食事、1オヤツで精一杯・・・。

『羽田から、エバー航空で行く!台北食い倒れ日帰り旅行』も、 少々難しいようで・・・。

 

超弾丸旅行!
エバー航空で行く台北滞在2.5時間日帰り旅行

時刻  
10:45羽田発:エバー航空BR189便にて一路松山へ
13:30松山着:小さい空港なので、出国は早いはず
オヤツ候補①台灣第一家鹽酥雞:台北市中山區北安路530號
松山空港駅から一駅の所にある、塩酥鶏屋さんへ
オヤツ候補②微熱山丘:台北市民生東路五段36巷4弄1号1F
松山空港駅から徒歩10分ほどにある、有名パイナップルケーキ屋さん
オヤツ候補③小上海:台北市民生東路五段36巷4弄1号1F
松山空港駅から徒歩10分ほどにある小籠包
オヤツ候補④冠京華:台北市南京東路四段133巷4弄1号
松山空港駅からタクシーで5分ほどにある小籠包
オヤツ候補⑤百果園:台北市敦化南路一段100巷7弄2号
松山空港駅からタクシーで10分ほどにあるフルーツパーラー
ここから2カ所が限度かと・・・
15:00最後の〆 に春水堂:松山空港
16:00松山発:エバー航空BR190で羽田空港へ
19:55羽田着:あっという間の弾丸旅行が終了 お疲れ様でした!

 

航空券代、台北での交通費、食事代含め、6万円ほど。

日帰り旅行にしては、少々高い旅行費。

やはりこのルートだと、2日間は欲しいところです。

taipei_oneday_trip.food.3

小林紅油抄手: もともと士林夜市にあったお店が移転し、今は、新北市蘆洲區民族路353號にあるそう
ピリ辛ソースのかかった、水餃子

 

結果

羽田⇔台北(松山)日帰り旅行は現実的ではない

という、残念なご報告。

ここで東京近郊から台北日帰り旅行は不可能なのか・・・、 とあきらめてはなりません。

次は、続々就航するLCCでのルートを探ってみました

Pocket