hongkong_express_reservation.4

“Express”つながりで、映画『恋する惑星』、英題『Chungking Express』より、トニーレオン
香港の何とも言えぬ、あの雰囲気を感じ取れる名画

香港エクスプレスについて 調べに調べ、すでに搭乗した錯覚さえ覚えた日の翌日。

12月4・5日と連休を取り、会社帰りにそのまま羽田。

そう、1泊2日の香港弾丸旅行が決定!

実際に、香港エクスプレス、予約してみました。

hongkong_express_reservation.3

青い空に赤い香港エクスプレスの機体が栄えます

通常羽田からはエコノミークラスでも、6万円前後する香港までの航空券。

これが、約半額ともなれば、あっという間に空席がなくなってしまうかも・・・、

と、恐れていましたが、実際はそうでもないらしく、あっさりと座席確保。

 

羽田到着が0時30分という、公共交通機関に頼れない時間帯が大きな壁なのか、

単純に新しい航空会社、ということで様子見なのか、

はたまた、『LCCの機内で1泊、そのまま飲茶』にトキメキを感じる旅行者が少ないのか・・・。

何はともあれ、順調に航空券を予約。以下、その手順をご紹介

 

香港エクスプレスのチケット予約方法

hongkong_express_reservation.1

旅人の強い味方、Skyscanner

① Skyscannerで価格チェック

香港エクスプレスを取り扱っている旅行代理店のサイトを、ひとつひとつ訪ねなくとも、

このSkyscannerを利用すれば、一度に検索が可能。

Expediaが一番安いと思い込んでいましたが、HISが断トツの安値。

楽天ポイントを持て余している旅行者は、多少高くとも楽天トラベル利用、という手もあり。

(さすがに1万円違うと・・・ですが。)

 

hongkong_express_reservation.2

とても分かりやすいHISの検索結果画面

② 一番安値の旅行代理店で予約

今回は、HIS

Skyscannerから直接HISにも行けますが、念のためもう一度HIS内で検索。

検索結果、Skyscannerと同額だったため、サクッと予約。

航空券自体は、1万9,200円。それに諸税と手数料で、往復2万3,915円。安い!

 

HISの検索システムで”いいな”と思ったのは、滞在時間が出ること。

弾丸旅行の場合や、時差があるような場合、航空券の選択時に役に立ちそうです。

 

hongkong_express_reservation.7

HISから怒濤のメールが

③ HISで登録したEメールアドレスに、予約完了のお知らせが

一度に3通。うち1通は、会員登録のお知らせ。

Eチケットの印刷は、会員画面にログインしないといけないので、IDやパスワードを忘れずに。

 

hongkong_express_reservation.8

印刷方法の説明もあり、親切

hongkong_express_reservation.9

こちら、Trippleのサイトにつながります

④ 翌日、Eチケットの用意が出来たよ、とEメールが到着

HISのサイトから、Eチケット印刷をクリックすると、

Trippeのサイトにつながりそこから”印刷”。

実際には家にプリンターがないので、PDFとして保存し、後日コンビニで印刷予定。

もちろん、iPod Touchにも保存し、万が一のためのバックアップも準備万端。

 

hongkong_express_reservation.5

映画『恋する惑星』より、フェイ ウォン
この髪型の魅力を引き出せるのは、きっと彼女だけ

 

サクッと予約完了。

今回はHISが最安値でしたが、Expedia楽天トラベル

オフィシャルサイトが機能し始めれば、そちら、という可能性も。

 

HISでの予約の利点は、日本の会社だけあり、しっかりとした安心システム。

マイナスなポイントとしては、航空券購入に会員登録が必要なのが面倒、というくらい。

 

hongkong_express_reservation.6

中環のエスカレーターを一躍有名にした、ワンシーン

 

恋する惑星をざっくり4分で説明すると、こんな感じ。

【送料無料】恋する惑星 [ トニー・レオン ]

 恋する惑星

 価格:3,074円

(税込、送料込)

  久々に観たいけど、

  結構高いんだなぁ・・・

 

と言うわけで、1週間ほどで、弾丸香港旅行。

38時間という限られた香港滞在中、

何が出来るか、何を食べるか、今からワクワクしております。

Pocket