delta_amex_apply_9

初ゴールド色のクレジットカード
大人になったものだ・・・と、しみじみ

秋も一段と深まり、冬の気配さえ感じる11月も中旬。

ひっそりと、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードに

入会申し込みをしてみました。

万年平社員が天下のAMEXカードなど持てるものかと、ドキドキしながらオンライン審査。

結果は、無事に合格。少々拍子抜け。これで飛ばずともSkyteamの上級会員。

申し込みから1週間足らずで、金色に輝く初の”ゴールドカード”を手にしました。

 

delta_amex_apply_1

クレジットカードの審査もインターネット上で完了
便利な世の中になったものです

デルタ スカイマイル
アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード

突然入会を決めた、5つの分かりやすい理由:

 

① 入会特典マイルが通常の8000マイルに加え、
8000マイルの合計16000マイルの大盤振る舞いだったから
(2013年11月20日まで)
② デルタ航空のマイルで、サクッと日本国内+韓国旅行が可能だったから
③ 格安で憧れのサクララウンジを利用可能と知ったから
④ 羽田空港・国内線カードラウンジが予想外に豪華だったから
⑤ 香港エクスプレス、バニラ・エア、とLCC利用の機会が増えそうだから
delta_amex_apply_2

気が付けば、Gold Medalion

① これが最大の理由。

デルタスカイマイルを利用すれば、たったの15000マイルでソウルまでの航空券と交換が可能。

 

2014年2月1日より、交換必要マイルの一部改悪が決定していますが、

この区間に関しては、変更はない模様です。

高額な年会費27,300円も、ソウル往復航空券に代わると思えばお得。

 

② デルタ航空では、オンラインでの特典航空券予約対象航空会社は、とても少なく、

そのうちの貴重な1社が、日本からの発着便が多い大韓航空。

大韓航空と共に、利用しやすい航空会社であるチャイナエアラインは、

残念ながら対象外です。

 

単純に羽田⇔金浦(ソウル)の往復での予約も可能ですが、

例えば、千歳⇒仁川・金浦⇒羽田、羽田⇒仁川・金浦⇒羽田、羽田⇒金浦⇒関西、

こんなルートでも、すべて1万5000マイル。日本発⇔韓国着ならば、どの空港でもOK。

片道航空券で北海道まで行き、1泊。翌日にソウルに飛んで、1泊し、羽田に帰宅。

スカイマイルと上手く付き合えば、2泊3日で国内&海外旅行、なんて旅程も格安で可能。

 

③ 現在、羽田空港にはSkyteamのラウンジはなく、Skyteam加盟航空会社で旅行の場合、

利用できるラウンジは、イマイチ魅力に欠ける、TIAT SKY LOUNGE

 

しかしながら、JALと共同運行便を出している大韓航空とチャイナエアラインに利用時は、

JALのサクララウンジが、指定ラウンジとなります。

ただ早朝便だと、TIAT SKY LOUNGEになってしまうので、

サクララウンジ狙いの旅行者は、CI223とKE720は避けましょう。

 

④ 上級クレジットカードに付随する『空港ラウンジ』は、

航空会社が提供するラウンジに比べかなり劣る、という勝手な印象を抱いていましたが、

このデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードで利用可能な、

羽田空港・国内線・エアポートラウンジがANA国内線ラウンジより、

食事面で充実していてビックリ。

 

Amexのほとんどのカードで、同伴者1名まで入室無料。

Ariさんと一緒に、このクロワッサンをほおばることができそうです。

 

⑤ 来る12月に就航ホヤホヤのLCC、香港エクスプレスにて、1泊2日の香港旅行予定。

もちろんLCC利用なので、ANAのラウンジは利用不可。

 

ならば、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードを利用し、

カードラウンジへ、と調べてみると、なんと見事に改装の真っ最中

立派になって帰ってくることを願います。

 

現在、このラウンジと一般待ち合い席との違いは、”無料の”自動販売機、のみらしく・・・。

ちなみに、羽田空港国際ターミナル改装後は、大韓航空のラウンジが開設されるとのウワサも。

となると、③のサクララウンジ利用は出来なくなる予定。

delta_amex_apply_4

神々しい封筒

delta_amex_apply_3

中身は意外とあっさり

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード
申し込みから到着までの流れ

11月13日・・・インターネットから申し込み。数分後、審査合格

11月15日・・・AMEXより、『もうすぐ本人限定郵便物でカードが届きますよ』とお知らせ

11月17日・・・速達にて『本人限定郵便物のお知らせ』が到着

11月19日・・・デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードを受け取り
同時にデルタ航空のサイトを確認 ステータスが、GOLD MEDALLION ®へ!

1週間もかからず、無事にSkyteamの上級会員に。

SFC修行と比べると、あっけないほどの簡単さ。

delta_amex_apply_6

搭乗航空会社、搭乗クラス関係なくラウンジが利用できるのはありがたいもの

delta_amex_apply_7

“何か”あった時に心強い、オーバーシーアシスト

delta_amex_apply_8

海外旅行によく行く者にとって、自動保険付帯のクレジットカードは、必須

他にもあるある、
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード
注目のサービス

最高5千万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
国際線航空券の代金をカードで支払うと、最高1億円に

手荷物無料宅配サービス
成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港のみ・残念ながら羽田空港は対象外

オーバーシーズ・アシスト
海外からでも日本語のできるスタッフが、24時間通話料無料で色々対応

ショッピング・プロテクション
カードで購入した商品の破損・盗難など、購入日から90日間、年間最高500万円まで補償

delta_amex_apply_5

楽天にもぜひ見習っていただきたい、ステキなデザイン

他にもあるある、
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カード、
デルタ航空上級会員・ゴールドメダリオン&
スカイチーム・エリート・プラスのサービス

ラウンジの利用
エコノミークラス利用時でも、会員はもちろんのこと、同伴者1名までラウンジへ入室可能
例えば、JFK デルタ航空のDELTA SKY CLUB
なんと、屋外テラスがあるそう。他にもバー併設のラウンジがあったり
(カクテルのメニューワインメニュー食事メニュー)と、
ラウンジに力を入れているデルタ航空

他にも焼き芋と牛肉麺がいただける、台北・桃園空港のダイナスティーラウンジや、
仁川空港の大韓ラウンジなど身近なところでも利用可能

 

受託手荷物許容量の追加
20kg追加/1個追加 これでお土産を買い過ぎても安心

 

優先的な受託手荷物の取扱い
プライオリティタグが付けられ、いち早く荷物を受け取れます
1分、1秒でも時間が惜しい弾丸旅行には、ありがたいサービス

 

搭乗手続きの優遇
エコノミー利用でも、ビジネスクラスのカウンターでチェックイン出来るので、
GWや夏休み、年末年始など空港が混み合う時期も、長蛇の列に並ばなくてOK

 

搭乗の優先
荷物を機内持ち込み派にとっての悩みが、混雑時に荷物を入れるスペースがないこと
優先搭乗で、荷物置き場をいち早く確保

 

このカードを持つだけで、上記のような優遇を受けられます。

 

ちなみに、A8.netのセルフバックサイトを経由すると、1万5000円のキャッシュバック。

会員登録は、無料。もちろん、今回利用しました。

ちょっとした手間はかかりますが、1万5000円、大きいです。

そんな、まどろっこしいことは、したくない!

今すぐカードが欲しい!そんな潔い方は、こちらからどうぞ。

 

この冬。極寒の韓国へ大韓航空で行かれる旅行者、

または、暖かい台北へチャイナエアライン で行かれる旅行者、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ ゴールド・カードにサクッと入会し、

ビビンバや小籠包の前に、羽田空港のサクララウンジでカレー、いかがでしょうか?

Pocket