jfk_swiss_lounge.3

スイス航空のラウンジから見る、スイス航空の機体

2泊7日のANA・SFC修行を今さら振り返る日々 —の第13弾

ニューヨークを去り、またカイロへと戻ります。

ニューヨークの空港はジョン・ F・ケネディ空港。

世界有数の巨大空港ながら、どことなくアットホームな雰囲気の空港。

これからの長いフライトに備えて、ラウンジへと急ぎます。

 

恐ろしく無愛想なチェックインカウンターの女性に驚きつつ、

無事にカイロ行きのボーディングパスと、

スイス航空のラウンジインビテーションを手にしました。

忙しい空港ながらも、セキュリティーチェックは思ったりよりもスムース。

無事、アメリカ出国となりました。

jfk_swiss_lounge.4

セキュリティーチェックを終え、制限エリアへ

jfk_swiss_lounge.5

“ラウンジ”と書かれた階段を上ると・・・

サインを見ながらラウンジを探しますが、見つけられたのは、違う航空会社のラウンジのみ。

なんだか様子がおかしいことに気が付つき、辺りを見回すも、

「Swiss Lounge」の文字はどこにも見当たりません。

思い切って他社ラウンジの係員に尋ねると、

「スイス航空のラウンジは、セキュリティーチェック前」とのこと。

 

「一度出国したにもかかわらず、入国審査もないまま、またアメリカへ戻る・・・」

そんな無謀なことが許されるわけがなく、「ラウンジは諦めるしかないか・・・」と、

行き交う人々を見つめながら、ぼんやり。

 

この状況下でもAriさんはどこまでもポジティブで、

「聞くだけ聞いてみる!」と入国審査場の係員に事情を説明。

あっさりと「逆流OK」をいただきました。

入国審査に厳しいアメリカ、それもJFK空港で・・・。

日頃の行いがよほど良かったのか、はたまた、常日頃からそんなものなのか。

 

JFK空港ターミナル4のラウンジをご利用予定の旅行者の方々。

ラウンジが出国審査前か後か、調べてからの挑むことをオススメいたします。

jfk_swiss_lounge.2

まさかの逆流 このドアを通り、もう一度アメリカ入国

jfk_swiss_lounge.1

念願のスイス航空ラウンジ

jfk_swiss_lounge.6

ラウンジからの眺め

jfk_swiss_lounge.7

アルコールやソフトドリンク

jfk_swiss_lounge.8

チーズやフルーツ

どうしてもラウンジを利用したかった理由 – それは、シャワー。

シャワールームにちょうど清掃中の係員の方がいたので、使用したいむねを伝えると、

新しいタオルセットを持ってきてくれました。

 

これから約11時間のフライトのあと、乗り換えまでの12時間の間に

炎天下の中ピラミッドやスフィンクスを見学予定。

そして、そのあとバンコクまで、9時間のフライト。

お世辞にも『キレイ』とは言いがたいですが、

汗でベタベタ&32時間風呂なし生活なので、贅沢は言っていられません。

 

シャンプーや石けん等のアメニティーはないので、

シャワー利用予定の方は、ご注意を。

jfk_swiss_lounge.9

シャワー

jfk_swiss_lounge.12

荷物を置く場所がなく・・・

jfk_swiss_lounge.10

先客が置いて行ったと思われるシャンプー

jfk_swiss_lounge.11

従業員でなくとも、手は洗ってほしいものです

jfk_swiss_lounge.13

ラウンジ内の案内 カイロ行きMS986ももうすぐボーディング開始

jfk_swiss_lounge.14

なんだか飲める気がした、コロナ
でも飲めませんでした 残してスミマセン

「またセキュリティーチェックを通らないといけない」という緊張感からか、

ほとんど写真を撮ってなかったことに帰国後気づいたものの、時すでに遅し。

スイス航空のサイトで、

ラウンジのステキな写真を見ることができるので、気になる方は、そちらをどうぞ。

 

と、少し投げやりになってしまいましたが、

JFKのラウンジ、場所には充分お気を付けくださいませ。

Pocket