SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

wickedが上演されている『Gershwin Theatre』

2泊7日のANA・SFC修行を今さら振り返る日々 —の第10弾

飛行機を乗り継ぎ、最終目的地、ニューヨークに到着。

ホテルにチェックインしたあと、お目当てのブロードウェイミュージカル、

Wickedが上演される『Gershwin Theatre』へと急ぎます。

 

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

Hampton Inn Manhattan-Times Square North : 40.763238, -73.985628
Gershwin Theatre: 40.762565, -73.985020
McDonald\'s: 40.762244, -73.983800
Sbarro: 40.760749, -73.984435
Zabar\'s: 40.784807, -73.979728
Central Park,: 40.773615, -73.971106
American Museum of Natural History,: 40.780991, -73.973142
Grand Central Terminal: 40.752998, -73.977056
The Metropolitan Museum of Art: 40.779144, -73.962770
Brooklyn Bridge: 40.706096, -73.996823
Toys“R”Us: 40.757489, -73.985467
Duane Reade: 40.761488, -73.984237
High Line: 40.748155, -74.004880
Pier 1 Imports: 40.736360, -73.992837
Union Square: 40.735863, -73.991084

 

ステキなショーを観る前に、まずはホテルにて、久々のシャワー。心も身体もスッキリ。

やはり空港の航空会社ラウンジにシャワーがないのは、なんとも不便。

航空関係者の方々。ラウンジには、何はともあれ『シャワー』

願わくば、順番待ちがないように多めに設けていただけると、

自分が不快な匂いを放っているのではないかと疑うことなく、快適な旅が楽しめます。

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

劇場近くのマクドナルド 「No7, Please!」で英語での注文も怖くありません

ホテルから『Gershwin Theatre』は徒歩5分とかからず。

劇場の場所を確認し、近くのマクドナルドで腹ごしらえ。

ニューヨークでの最初の食事がマクドナルド ー

何とももったいない気もしますが、

この旅最大の目的、Wickedに遅れては元も子もありません。

ここは、フライドポテトとハンバーガーでお腹を満たします。

 

優柔不断な性格がたたり、どのショーを観るのかなかなか決断できなかったせいで、

チケット購入が出発ギリギリに。WickedのチケットはTicketmasterでしか扱いがなく、

結果、並び席で取れない上に(オーケストラ・列D ・座席 19/列E・座席21)、合計$333と高額に。

ミュージカルを見に行かれる予定のある方、チケット購入はお早めに。

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

劇場内の壁画

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

劇場内 否応なしに盛り上がります

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

それほど広くない劇場 2階席一番前ならば、全体が見渡せます

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

休憩中 飲み物を買えるバーは大人気

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

2箇所で飲み物購入可

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

こちらはグッズ売店

席は前から4列目と5列目なだけあり、舞台が近く迫力満点。

座席が離れていることは、分かってはいたものの、

何かお互い伝えたいことがあるたびに、振り向いたり、

相手の肩をたたいて気をひいたりと、少々面倒。

感情表現豊かなアメリカ人に混じり、

「WOW!」「 OHHH」と一人で盛り上がってもよいのですが、

やはり、その場、その場で感動を分かち合いたいもの。

そんなことを思いながら、気になるのは、長らく空席のままのAriさんの隣の座席。

 

開演ギリギリまで待ち、Ariさんが思い切ってスーツに身を包んだ男性に声をかけます。

隣が空席かどうか尋ねてみると、

「本当は友達が来る予定だったけど、どうやら彼女はこないようだね・・・」とポソリ。

3人の間に気まずい空気が流れますが、

こちらはバンコク、エジプトと経由し、やっとのことでたどり着いた劇場。

彼のセンチメンタルに、付き合えるほどの心の余裕は持ち合わせておらず、

席移動の承諾を得て、待ちに待ったWickedを楽しみました。

 

ショーは素晴らしく、特にエルファバ、グリンダ役の主演女優お二方の歌唱力は圧巻。

特に「Defying Gravity」は、息の呑むほどの感動を覚えます。

残念ながらフィエロ役の方が代役だったらしく、女優さんに比べ、イマイチ。

 

 

ちなみにオリジナルキャストの二人は、全米で人気のテレビドラマ「GLEE」に出演。

その「GLEE」内でもこの「Defying Gravity」が歌われています。こちらもオススメ。

 

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

タイムズスクエアにてお決まりの写真撮影

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

こんな会話がタイムズスクエアで繰り広げられました

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

Wicked以外にも様々なショーが鑑賞できます

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

Sbarroにてピザ購入

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

なかなかの美味

劇場をあとにし、ニューヨークに観光に来た者らしく、タイムズスクエアで記念撮影。

M&M’s World、Toys “R” Us、American Eagle Outfittersなどを一通り冷やかし、

さてホテルへ戻りますか、というところで、

「お腹が減った」と訴えるAriさん。地上に降り立ったあとのAriさんの胃袋は、底なし沼と変貌。

先ほど食べたばかりのポテトやハンバーガーは、すでに消化された模様です。

 

時間も遅かったため、サクッと食べられるピザに決定。

タイムズスクエア近くの、「Sbarro」へ。

ピザ二切れを指差しオーダー。必要以上サイズのソーダ付き。

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

24時間営業で便利

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

冷凍食品コーナー 真ん中に写る『CoolWhip』が主食となった時期がありました

翌日に備え、ピザ分のカロリーを消費するために、「duanereade」に寄り道。

こちら、24時間営業。日本のドラッグストアのように、薬以外にも様々なものが揃い、

お得なプライベートブランド製品の扱いも多いので、バラマキ土産探しに最適。

またサンドイッチやサラダなどの軽食の扱いもあり、

『ホテルに電子レンジが付いている』、

または、『ニューヨークのワイルドな接客に疲れた』旅行者は、一見の価値あり。

SFC修行回想記: ニューヨーク 1日目

エジプト航空・櫻井さんからの菓子とジュース どちらもおいしくいただきました

エンジン音にジャマされず、乱気流で揺れることもなく、ホルス臭もない部屋で、

フカフカのベッドに横たわれる幸せをかみしめながら、夢の中へと旅立ちました。

 


ブロードウェイミュージカルチケットの取り方

 

ニューヨークを訪れるならば、ぜひとも体験したいミュージカル。

観てみたいけど、チケットの購入方法が分からない、という方も多いのでは?

チケット購入方法はいくつかありますが、その中でも厳選した3方法をご紹介。

 

① Alan1.net

一番簡単なのは、Alan1.netというオプショナルツアー専門店から購入すること。

価格もお手頃で、レビューを読む限り座席もいいところが取れるそうです。

残念ながら今回は、公演日が近すぎて空きがなく利用できませんでした。

 

② broadwaybox.com

二つ目の選択肢として、海外にあるディスカウントサイトを利用

中でも一番分かりやすいサイトが、broadwaybox.com

例えばWickedの場合、ここにアクセス

希望の日にちを入れると、選択出来る座席が金額と共に座席が表示されます。

この座席図が分かりやすくて、便利。

 

Ticketmaster/Telecgarge

いわゆる「チケットぴあ」的存在なのが、この二つ。

正規にチケットを取り扱っている会社です。

今回は残念ながらAlan1.netに問い合わせたものの空きがなく、Ticketmasterから直接購入。

チケット受け取りは、『International Will Call』と呼ばれる方法。

当日チケットカウンターにて、

購入時に利用したクレジットカード、身分証明書(パスポートが最適)、予約番号を見せると

チケットが受け取れる、という仕組み。

 

英語が苦手、という方も音楽が中心となるミュージカルなら、

その歌声だけでも十分に楽しめると思います。

ライオンキング』、『オペラ座の怪人』、『マンマ・ミーア!』など

映画になっているものを選べば、

ショーを観る前に予習ができ、「ほとんど話がわからなかった・・・」という

悲しい思いもせずに、楽しく鑑賞ができます。

 

訪ニューヨーク予定がある方々、ぜひとも本場のミュージカルを楽しんでください。

 

Pocket