tg635_tpe_icn.2

何もなかった台北での乗り換え

2泊7日のANA・SFC修行を今さら振り返る日々 —の第4弾

仁川→台北、空の旅終了。小一時間ほど台北2手休憩のあと、バンコクへ向けて出発。

胃袋に1 ミリの余裕もないものの、空港で”台湾小吃”をつまんだりできるのでは?、

と淡い期待を抱いていたものの、化粧品や装飾品を扱うお店のみで、手持ち無沙汰。

tg635_tpe_icn.1

このカードを渡され、手荷物検査時などに提示

tg635_tpe_icn.3

満腹時に、香水の匂いは危険です

tg635_tpe_icn.4

台北→バンコク路線は大盛況

tg635_tpe_icn.5

ただいま、自分の座席

tg635_tpe_icn.6

ただいま、窓の落書き

特に暇をつぶせるところもなく、そそくさと搭乗口前へ。

韓国からの乗客はほとんど台北で降りたのか、台湾人旅行者の姿が目立ちます。

 

ビジネスクラスも先ほどと打って変わって満席状態。

ビジネス客は多くなく、タイへバカンスしにいきます、と言った風の観光客が多い模様。

tg635_tpe_icn.7

満腹には響く、ナッツミックス

tg635_tpe_icn.8

炭酸水で一服

座席もクルーも先ほどと変わらず。

経由便とはいえども、新た搭乗する乗客も多いので、仁川→台北での時間が幻かのように、

ウェルカムドリンクが振る舞われ、そしておつまみピーナッツも付いてきます。

 

そう、2度あるウェルカムドリンク、2度あるピーナッツとくれば、

もちろん、2度ある機内食。

 

First Course – Rosette of Smoked Halibut with Duet of Capsicum Jelly

Main Course – Wok-fried Beef with Brown Sause, Roasted Potatoes, Green Pea

or – Steamed Fish Fillet with Tomato Concasse, Steamed Buttered Potatoes with Parsley

or – Salted Baked Chicken with Hainan Style, Chilli Sauce, Pilaff Rice, Sir-fried Loufah

or – Braised Minced Pork with Pickles, Steamed Rice, Carrot, Chinese Green

Dessert – Lime Cheese Cake

 

台北→バンコクへは4時間弱のフライトですが、もちろん今回もメインは4つ。

タイ航空の並々ならぬやる気を感じます。

そして先ほどのCAさん、何事もなかったのかのように、

2度目の機内食オーダーを取りにきました。

 

Ariさんは、開口一番ギブアップを宣言。

「本当にいらないの?」といくどとなく確認されていましたが、かたくなに拒み、

おもむろに毛布をかぶって、『(お腹かがいっぱい過ぎて)気分が悪い弱い自分』をアピール。

自然視線は私へと集中し、

『隣の子は飢え死にしてしまうかもしれないけど、あなたは大丈夫』とばかりに、

細かくメインのメニューを説明。

 

『さっき食べたから、まだお腹が減っていないかも』という概念はないらしく、

『ここで食べておかないと、あんた、このまま一生食べ物に困るよ!』

というお母さん的心情が非常に強いよう。

全身全霊を込めた「メインはどちらにしますか?」に、「いらない」など言えるわけもなく、

4つの中から、一番お腹に響かないと予測し、かつ大好きな海南チキンを選択。

tg635_tpe_icn.9

2度目の前菜 なんだか得体のわからない、カラフルなゼリー

tg635_tpe_icn.10

胃に余裕があるときに、出会いたかった・・・

tg635_tpe_icn.11

ケーキは遠慮し、フルーツのみ

心惹かれるエンターテイメントもなく、隣のAriさんは毛布をかぶって熟睡している中で、

自分とトレイの上にある食べ物ととの戦いが、静かに幕を開けます。

 

出された食事は残したくない、という思いの元、

目の前の座席に描かれたストライプをぼんやりと見つめながら、

黙々と淡々と、出された食事を、ただただ運ぶだけの作業を繰り返し。

修行4レグ目、機内食2食目にして、すでに飽和状態。

tg635_tpe_icn.12

タイに到着

台北から3時間45分を経て、無事バンコク到着。

タイの時間で、22:50、日本だとすでに夜中の1時。羽田を出てから、15時間。

やっと旅程の4分の1ほどを終了です。

 

Pocket