ms961.21

こちら、バンコク・スワンナプーム空港・エジプト航空のカウンター

2泊7日のANA・SFC修行を今さら振り返る日々 —の第5弾

機内食詰めのフライトを終え、バンコクに到着。ここから一気にカイロまで飛びます。

台北からバンコクに到着したのは、23:00。カイロへと出発するのは、00:50。

2時間弱猶予がありましたが、発券に少々時間がかかっので、思いのほかバタバタ。

ちょっぴりだけ、タイ航空のラウンジをのぞくことができました。

ms961.2

深夜でも多くの旅行客で賑わう、バンコク・スワンナプーム空港

ms961.3

乗り換えもカウンターも数多く設置

ms961.4

なぜかルフトハンザ航空のチケットに印刷&ラウンジインビテーション

宮崎空港で言われたように、バンコクでバンコク→カイロのチケット、

そして、カイロ→ニューヨークのチケットを発券。

 

カウンターのお姉さんは、あまりまだ慣れていないようで、

隣のカウンターに助けを求めたりしたため、少々時間がかかりましたが、無事終了。

「時間がかかってしまって、本当にごめんなさい」としきりに謝るお姉さんに、

「コップンカー」とお礼を告げ、タイ航空のラウンジへ。

せっかくインビテーションをもらったから・・・、

と誰も聞いていいない言い訳をいいながら、室内を探索。

ms961.28

座席は豊富

ms961.5

液体さえも体が受け付けません

ms961.6

コーヒーやお茶などが用意されています

ms961.7

軽食類 大好物のパパイヤさえ、イマイマしい存在

すでにお腹がいっぱいなので、何を飲むわけでもなく、

何かを食べるわけでもなく、ただただイスに座って時を過ごしました。

と、言いたいところですが、『もったいない病』が発症し、

スイカとパイナップルジュースを頂戴。

 

これから(また)機内で過ごす10時間に備え、揺れない地面を楽しむこと30分ばかり。

文字通り重い腰をあげて、搭乗口へと向かいます。

ms961.22

エキゾチックな食べ物も並びます

ms961.23

thaicatering.com、意外と充実したサイトです

気が付けば、日付は変わり初日終了。

羽田を出発してから、『座っているか、食べているか、飲んでいるか、

または、その様子を写真に収めているか』しかしていない1日目。

2日目もまた、『座っているか、食べているか、飲んでいるか、

その様子を写真に収めているか、または寝てるか』しか予定がありませんが、

これも立派な旅の一部。めげることなく、5レグ目に出発です。

Pocket