delay1

この余裕、見習いたいものです

灼熱の太陽が輝くラスベガスの空港のランウェイで、3時間。

サウナ状態と化した機内でちょっとした”事件”が。

 

エアコンなし、水なしの状態で、

1時間半ほど灼熱の機内で待たされたあと、違う機体へと移動。(その間1時間ターミナルで待機)

そしてその機体も整備が必要となり、まさかのまたもや1時間半を機内で過ごすことに・・・。

ギャンブルで勝っていくら気分が高揚しているからといって、なかなか堪え難い状況。

最悪の事態が起こるかと思いきや、そこで起きたのは、ケンカでもなく、殺人でもなく、

なんと大合唱。

歌は、R.Kellyの代表作『I Believe I Can Fly

歌詞の内容は道徳的なマジメな歌ですが、この状況下では、思わず笑いが起きます。

 

 

が、事態は深刻になり、女性が気を失ってしまったそう。

乗客の一人曰く、

「倒れた彼女のための水は、乗客が持ち込んだ荷物から探すありさまでした。」

ここまでくると、よく暴動が起きなかったと、不思議になります。

 

11:00に出発予定の便がラスベガスを発ったのは、15:45と約5時間の遅延。

Allegiant Airでは、お詫びとして次回利用できる$100のクーポンを配ったそうですが、

その金額と内容も波紋を広げてるようで・・・。

ABCの記事は、こちら

 

私も以前Tiger Airwaysを利用した時に、灼熱機内での遅延を体験していますが、

本当に倒れるのではないかと思うほど、暑さで気分が悪くなりました。

とは、言ってもたった30分ほどの遅延。

そのあと飲んだスプライトは、本当に格別。

 

前にも似た状況があったらしく、こちらは北京の空港で3時間の遅延。

乗り合わせていたのが、なんとフィラデルフィアオーケストラの方々。

殺伐とした機内がなんとも優雅に。あの演奏を目の前で聴けるのは、少しうらやましいほど。

結局こちらも最終的に飛び立ったのは、4時間後だったそう(7時間の遅延)。

 

 

飛行機に乗ることがあれば、どうしても遅延はつきもの。

イライラするのも、ある程度あきらめ、少しでもその状況を楽しむのも、自分の心の持ちよう。

願わくば、オーケストラかDJ、マライヤかスティービー辺りが

一緒に乗り合わせてくれれば・・・。

 

もし、3時間以上遅延した飛行機内で、人々が殺気立っている中、

おもむろに『きっとい〜まは自〜由に空も飛べるはずぅ』と歌いだした乗客がいたら、

遠慮なく一緒に歌ってください。

 

Pocket