フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

 

「突如、台湾に行きたくなりました。」

そんなメールをクライアント(友人)から受けました。

 

聞けば、1週間後の話。

日程は3泊4日。予算は特に決めてはいないが、安ければ、安いほど歓迎光臨。

初めての台湾ということで、ここは無難に台北に3泊4日。

そこで、こんなプランをプレゼン。

 

フラッと初訪台北
胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

 

利用航空会社: チャイナエアライン・エコノミークラス

宿泊ホテル:サン ワン台北レジデンス

¥55,440(航空券代+ホテル代のみ)

 

1日目 

旅のハイライト:スーパーで買い物・小籠包・夜市

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

迪化街・乾物パラダイス
中央に写っているのは怪奇現象ではなく、虫除けクルクル

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

 

5:30… 羽田空港到着・早朝の空港をフラフラ

 

7:10 CI223便にて台北へと出発・機内食はほどほどに

 

10:00 無事、台北・松山空港到着

 

10:30 空港にて両替
(夜市や、小さな商店ではクレジットカード利用不可なので、多少の現金は必要)

 

10:40 MRT松山機場站で悠遊カードを入手(日本のSuicaやPasmo) 500元

時間に余裕のある方は、台湾観光協会のキャンペーンを利用し、
“チャージ前の”悠遊カードをもらうのも、アリ。

 

11:00 松山空港からサン ワン台北レジデンスまで、タクシーで移動

 

11:30 荷物をホテルに預け、早速台北の街を散策

ホテルを背にして左に進むと、三越デパートなどが立ち並ぶ繁華街、MRT・中山站方面へ
早速、悠遊カードを使い、中山站からMRT 淡水線に乗り、中正紀念堂站まで移動

 

12:00 中正紀念堂にて、しばし観光。蒋介石座像や警衛隊の交代などを見る

 

13:30 鼎泰豊・本店へ徒歩で移動。時間を少しずらして、少し遅い昼食

 

14:40 MRT 東門站から新荘線に乗り、松江南京站まで移動

駅から、ホテルまで徒歩で移動。

 

15:00 ホテルにチェックイン

 

15:30 頂良超市(Wellcomeスーパー)で、バラマキ土産を購入。

スーツケースに余裕があるうちに、お土産の心配を先に解消。2日目以降は、旅行に集中

 

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

 

16:10 買い物で減った小腹を満たすために、ホテルへ戻る前に、春水堂に寄り道
珍珠奶茶で喉を潤す

 

17:10 ホテルからタクシーで迪化街まで飛ばしてもらう

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

迪化街の街角で売られている、お芋のおやつ 1個から購入可

17:30  迪化街で、乾物やお茶を購入

 

20:00 徒歩で、寧夏夜市へ移動。

『塩酥鶏』では、さつま揚げと台湾バジル揚げで、胃袋のウォームアップ
油っぽいものの次には、愛玉でさっぱりと口直し
あとは、本能のおもむくままに、夜市を楽しむ

 

22:00 元気が残っていれば、徒歩でホテルへ(30分)

気力も体力も尽きてしまった場合には、タクシーでホテルへ

 

24:00 お風呂にゆっくり浸かったあと、就寝

 

2日目

旅のハイライト: 九份・夜市 

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

遠足で九份・・・ うらやましい

6:30… 起床・驚くほどの快晴(予定)

 

7:00… ホテルの朝食をいただく

 

8:30 MRT・中山站→台北站へ

自動販売機で、九份の最寄り駅となる、『瑞芳』まで、チケットを購入
(有人カウンターもありますが、いつも混み合っているので、自販機が便利)

9:35発 區間車 4162 樹林→蘇澳 49TW$を購入
出発までの時間に、電車でのお供を購入。とは言っても、50分ほどの旅

 

9:35 瑞芳へと出発

短いながらも、台北からの電車の旅を楽しむ

 

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

 

10:22  瑞芳到着 タクシーで九份へ(定額制)

 

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

 

11:00  九份到着

高い確率で”雨”なので、濡れても気にせず、むしろそのノスタルジックな雰囲気を楽しむ
お茶屋さんでは、時間を忘れ、美味しいお茶に集中する
芋圓屋さんは、少なくとも2軒は、はしごする

など、気ままに九份を散策

 

15:30 帰路は1062・台北行きに乗り、バスで台北へ

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

一本道で、分かりやすい夜市

 

17:00  終点まで行かず、途中の松山火車站で下車し、『饒河街観光夜市』へ

無難に福州世祖胡椒餅をいただく
そろそろ、油炸臭豆腐にも手を出してみる

 

19:00 松山火車站→台北站へ

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

ガッツリとご飯、または、豆花などの中華デザートがいただけます

19:30 台北站内にある、微風台北車站で豆花など、軽く中華デザートをいただく

 

21:00 台北站→中山站へ

驚異的な胃袋を持っている旅行者は、ホテルとは逆方向に歩き、昨晩の寧夏夜市
液体ならなんとか・・・な旅行者は、中山站前にある、台北牛乳大王で木瓜牛乳を
凡人は素直にホテルへ

 

24:00 就寝

 

3日目

旅のハイライト: 故宮博物院・淡水・士林夜市

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

この解放感と、薄暗い雰囲気が夜市

7:30… 遅めの起床

 

8:00 ホテルの朝食をいただく

 

9:30 MRT・中山站→士林站へ

 

10:30 バスで國立故宮博物院

白菜豚の角煮など有名どころを愛でる
広い博物館に歩き疲れてしまったら、館内のカフェで一休み

 

14:30 バスで士林站へ

 

 15:00 士林站→淡水站へ(終点)

 

16:00 東洋のヴェニス・淡水到着

日没頃が一番美しいので、それまで出店などを冷やかして過ごす
日本語の「揚げ」が語源と言われている、『阿給』を食す
『阿媽的酸梅湯』でお口をさっぱり

 

18:30 淡水に夕陽が落ちて行くのを、ゆっくりと眺める

 

19:30 淡水站→剣潭站へ

台北で最も有名な、『士林夜市』
リニューアルされ、建物の中に屋台が移動・少々イメージしている夜市とは違う可能性が・・・

 

21:30 剣潭站→中山站へ

 

22:00 中山站からホテルへ

帰国前に、もう一度食べたいもの、食べ忘れているものがないか、最終確認後、就寝

 

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

また出会ってしまいました、チャイナエアラインのお姉さん方

 

4日目

旅のハイライト: 台湾式朝ごはん・スーパーで買い納め

 

7:00… 起床

 

7:30 台湾式朝ごはんを、徒歩15分ほどにある、『世界豆漿大王』にて

飯團・豆漿・米漿で、台湾の日常を体験

 

9:30 徒歩でホテルへ

 

11:00 パッキングを済ませ、チェックアウト。空港に出発する時間まで荷物を預かってもらう

 

11:20  ホテルから歩いて松江南京站まで

 

11:40 MRTを乗り継ぎ、大安站へ

 

12:00 電車と同じ進行方向で歩くと、右側に「お粥横町」出現

『無名子清粥小菜』にて昼食。食べ疲れた胃に優しいお粥でほっこり

本当は、『小李子清粥小菜』がオススメですが、

営業時間が17:00〜6:00とお昼にはやっていないので、泣く泣く断念。

 

13:30 科技大楼站まで歩き、近くにある『勝立生活百貨』にて最後のお買い物

 

14:30 大安站まで歩いて戻る

まだご飯粒を食べられる余力が残っているならば、 永和豆漿大王でぜひ『飯團』と『豆漿』を

 

16:00 ホテルへ戻り、荷物を回収。タクシーで松山空港へ

 

16:30 チェックインを済ませたら、最後の『珍珠奶茶』を『春水堂』で飲み納め

 

18:15 満腹の胃をさすりながら、CI222便の機内へ

羽田までの約3時間。食べた台湾美食に思いを馳せながら、空の旅を楽しむ

 

21:55 無事羽田到着 お家に着くまでが旅行。

ここで気を抜かず、安全第一で帰路へ

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

また会う日まで〜♪

 

このプランのポイントを解説

 

航空券は滞在時間が一番長い、チャイナエアラインの便を利用。

羽田までのアクセスに困らない方。こちらの航空券はオススメ。

ビジネスクラスでもお得なチケットを見つけやすいこの路線。

懐に多少の余裕がある方、一度ご検討を。
(チャイナエアライン・羽田⇄松山路線・ビジネスクラス搭乗記)

 

 

ホテルはTripAdvisorでも評判の高い、サン ワン台北レジデンスを利用。

トイレはウォシュレット付き・バスソルト付き・お風呂深め

アメニティはロクシタン・禁煙・12歳以下宿泊不可等、

なかなか大人仕様。(詳しくは、台北ナビさん参照)

前回の台北旅行時、実際に宿泊したLes Suites Taipei Ching Cheng (台北商旅 慶城館)と共に、

最終候補に残ったのが、このホテル。

 

場所は、MRT淡水線・中山駅から徒歩10分ほど。松山空港からは、タクシーが便利。

同系列の「サンウォントホテル(台北神旺大飯店)」というホテルの方が、少々有名なので、

ドライバーさんに間違われないよう、注意が必要です。

 

MRTの駅からは少し離れているものの、周辺には飲食店も充実。

特に徒歩5分ほどにある、『珍珠奶茶(タピオカミルクティー)』発祥のお店、春水堂へは、ぜひ。

(足を延ばす時間がない方は、空港にもあるので、ご心配なく。)

 

旅行代金

 

◎ホテル予約:HIS  1泊 ¥14,500

朝食&アフターヌーンティ付きのこちらのプランは、かなりお得。

 

少しでも円高に期待するなら・・・

 

◎ ホテル予約: 楽天トラベル 1泊 3,739TW$(約12,526円)

HISとほぼ同じプラン。大きな違いは、台湾ドル建て・現地払い。

もう一つの注意点が、税金(5%)・サービス料(10%)が別途必要。

楽天ポイントを貯めてる方、楽天ポイントで支払いたい方は、便利。

 

◎ 航空券予約: チャイナエアライン・オフィシャルサイト ¥33,690
◎ 航空券予約: HIS ¥41,690
◎ 航空券予約: Expedia¥41,690

 

旅行代理店を通すより、直接チャイナエアラインから購入した方が、現段階ではお得。

実は、こういった場合が多いのです。

航空券を予約する時は、オフィシャルサイト、お忘れなく。

 

チャイナエアラインは、Skyteam所属。Skyteamの中でマイルを貯めるなら、

有効期限のないデルタ航空のマイルプログラム、『スカイマイル』がオススメです。

チャイナエアラインで購入した場合、今回予約クラスは、H。

『スカイマイル』への加算率は50%になります。

羽田⇄台北への旅行で貯まるのは、50%の積算率で、1330マイル。

微々たるものですが、『ちりも積もれば・・・』と信じて、

チェックイン時に、デルタのマイルに加算したい、と告げましょう。

 

もし、チャイナエアライン・エコノミークラスを利用し 、頻繁に台北に行く予定があるならば、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

せひ、一度その特典を確認してください。

このカードに入会するだけで、デルタ航空の上級会員資格、『ゴールドメダリオン』を獲得。

チャイナエアライン・エコノミークラス利用でも、ラウンジ利用が可能です。

 

と、(勝手に)台北ナビさんご協力のもと、張り切ってプランを練ってみましたが、

残念ながらクライアントの都合が悪くなり、今回の台湾旅行は見送ることに・・・。

 

これから台湾は日本と同様、梅雨のシーズンとなりますが、

マンゴー、ドラゴンフルーツ、ライチ、グアバなどが旬を迎え、

フルーツが美味しい季節でもあります。

3泊4日は難しくとも、週末の1泊2日でも十分に楽しめる、台北。

ぜひぜひ、『フラッと旅』の参考にしていただければ、幸いです。

 

最後に・・・

台北站から瑞芳站(九份)まで、自動販売機切符を使った購入方法

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

多少予測がつく漢字・ありがたや
購入→日付→路線→行き先

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

急行→駅名選択→時間を選択→往復/片道

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

必要枚数→非会員→無事購入→(一応)時刻表アリ

 

 

九份まで列車で行く予定のある旅行者は、ぜひ

交通部臺灣鐵路管理局で事前に時刻表を確認してから、九份に臨んでください。

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

英語のページもありますが、視覚的に漢字の方が分かりやすいと思います

フラッと初訪台北 胃袋の限界を試してみる、トキメキ4日間

中国語が分からずとも、なんとなく意味は理解ができる、漢字の国の良さを実感

Pocket