キャセイ航空 ビジネスクラス

キャセイ航空名物 キャセイデライト

ビジネスクラスには乗ってみたいけれども、
面倒なのはイヤ・・・。

そんな旅行者に、それほど苦労せずとも、
お得にビジネスクラスに乗れる方法を、3部作にてお届け。

苦労が少ない分、驚くほどの安さではないですが、
(思っているより)ビジネスクラスでの旅行を、
身近に感じていただけるはずです。

 

憧れのマンダリンオリエンタル

憧れのマンダリンオリエンタル・バンコクに宿泊

「どうやったら、そんなに安くビジネスクラスで旅行ができるのか?」

最近、よく聞かれる質問です。興味を持ってもらえたことがうれしく、

「あるポイントを、あるタイミングで購入し、

そのポイントをある時期に、あるマイルへ交換するのです!」

 

持っている知識をすべて出すべく、熱っぽく語りますが、

それに対しての反応は、冷ややかなものが多く、

「面倒くさい。」「英語が・・・。」「もっと簡単だと思っていた。」など。

 

「そこまでするくらいなら、多少高くともエコノミーでいいや。」

なんて、元も子もない答えが返ってくることもあり、

いつもの旅行方法が、万人向けではないことを痛感します。

 

第一回目は、航空会社のツアーブランドを利用する、というもの。

ホテル予約や、空港からホテルの移動で悩むのもイヤ、という冒険心少なめな旅行者向け。

 

ANAハローツアーJALパックなど、おなじみの日系航空会社独自のツアー。

実は、同じように外資系の航空会社も、自社便とホテルを組み合わせたツアーを催しています。

 

航空券とホテルとを別々に予約するよりお得な場合が多く、

一般ツアーのように、出発間際まで航空会社が未定ということもなく、とても安心。

自社便だからこその『お得な掘り出し物ツアー』が見つかる可能性も大。

 

シンガポール航空 SIAホリデー

Sia Holiday

しっかりしたサイトのシンガポール航空グループ、Sia Holiday

 

オススメプラン

羽田発 シンガポール3泊4日 169,800円(燃油費 諸税別)

 

旬旅シンガポールというツアーで、早朝羽田発着の場合、

エコノミークラス料金に、プラス10万円で往復ビジネスクラスにアップグレード可能。

羽田⇄シンガポール・ビジネスクラス航空券のみで、21万円〜と高額なため、

このホテル付きのツアーのお得度はなかなかです。

 

パンフレットとして用意されている電子ブックは、シンガポールのガイドとしても秀逸。

シンガポールに行く予定のある方、または興味のある方は、一度ご覧あれ。

 

タイ航空 ロイヤルオーキッド ホリデイズ

ロイヤル オーキッド ホリデー

タイ好き、タイ航空好きならぜひ見て欲しい、ロイヤル オーキッド ホリデー

オススメプラン

福岡発 マンダリン オリエンタル バンコク 2泊4日 167,000円(燃油費 諸税別)

 

こちら、あの名高きマンダリン オリエンタル バンコクに2泊するプラン。もちろん朝食付き。

航空券のみで、15万円〜、ホテル1泊3.5万円〜(Agoda/Expedia/オフィシャル)

このツアーの破格具合が、お分かりいただけるでしょうか?

 

タイ航空のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス、と呼ばれます)は、とても評判が良く、

特に、マッサージが無料で受けられるラウンジや、一般とは別の出入国審査や手荷物審査など、

タイ航空の本拠地、バンコク・スワンナプーム空港でのサービスには、定評があります。

 

他にも福岡発着でお得なツアーがたくさん。ビジネスクラスだけに特化したサイトも用意。

 

キャセイ航空 キャセイホリデージャパン

キャセイホリデー

セレブな旅を香港で

オススメプラン

名古屋発 香港 2泊3日 84,000円 (燃油費 諸税別)

 

こちらは、ぷちセレブな香港、というツアー。

香港島側、上環にあるIbis香港利用でこのお値段。

TripAdvisorでのレビューも悪くはないようです。

 

名古屋まで行くのがちょっと・・・でも、約1万円プラスの95,000円で成田発着でも可能。

キャセイ航空と言えば、香港空港のラウンジ、The Wingがリニューアルされたばかり。

キャセイ航空 The Wing

香港空港にあるキャセイ航空のラウンジ、The Wing
スツールに座るレディーがまた絵になる、と思いきや、10歳くらいのお子様で、いちごアイスをご注文中

有名なヌードルバーで評判の担々麺や点心、

サンドイッチなども扱うカフェで、

香港ミルクティーを優雅にラウンジ内で楽しむことができます。

 

チャイナエアライン ダイナスティーホリデー

ダイナスティー ホリデー

ざっくりとした作りのダイナスティー ホリデー

オススメプラン

関空発 ホーチミン3泊4日 70,400円(燃油費 諸税別)

 

台北で乗り継いで、ホーチミンへと旅立つこちらのツアー。

ビジネスクラスとは思えないほどの値段です。

利用ホテルが、ボンセンアネックスまたは、リバーサイドと、

あまりグレードの高いホテルではないので、

+3万円で、思い切って高級ホテルシェラトンサイゴンに宿泊し、グレードアップも一つの選択。

 

ANA ANA Sky Web Tour

ANA Sky Web Tour

色々なツアーがあるANA Sky Web Tour

オススメプラン

成田発 ニューヨーク 3泊5日 398,000(燃油費含)

 

外資系航空会社に比べ、お得度がグッと低くなる日系・ANAのニューヨークへのツアー

近場のアジアなら、チャイナエアラインや、キャセイ航空がお得なツアーを出しているので、

ここは思い切って、ヨーロッパや北米へ。

航空券だけでも、52万円以上するので、

美術館の入場券やホテルへの送迎が付いているこちらのツアーは、実はお値打ち。

 

ANAでは、ビジネスクラスに特化したサイトにも力を入れています。

 

JAL JAL海外パック

JALパック

お料理に定評のあるJALビジネスクラスでの旅行

オススメプラン

成田発 サンディエゴ 3泊5日 278,000円(燃油費含)

 

宿泊ホテルはマンチェスター・グランドハイアットExpediaでも2.3万円ほどから。

北米までビジネスクラスでのツアーとなると50万円以上が当たり前ですが、

時期を選べば、30万円以下で行けることも。

 

ちなみに、JALでツアーによく参加する旅行者は、JALカードに入会がオススメ!

理由①  JALカード会員専用サイトから申し込むと、旅行代金の5%または3%が割り引かれる

理由② ツアープレミアム(年会費:2100円)に申し込むと、ツアーでも100%のマイルがたまる

 

JALもANAと同じく、ビジネスクラスで行くツアーの特集が組まれています。

 

 デルタ航空 デルタバケーション

デルタバケーション

オススメはやはり北米方面

オススメプラン

成田発 ウォルトディズニーワールド 5泊7日 559,000円(燃油費含)
パークホッパー付きマジック ユア ウェイ チケット含む

 

全くお得感を感じられない金額ですが、それでも他のツアーと比べるとお値打ち。

ゴールデンウィーク前の4月下旬、ゴールデンウィークが終わった5月下旬が狙い目です。

オフィシャルホテルの中でも、一番お値打ちな「オールスターリゾート」に泊まるプラン。

ウォルトディズニーワールドには、4つのテーマパークがあり、

すべてをパークを回るには、5泊はしたいところ。

延泊料金は8,000円なので、ツアー日数を短くしても、それほど金額の違いはなし。

ここは思い切って長期休暇を取り、すべてのパークで思う存分遊んでください。

 

オフィシャルホテルに宿泊するプランなので、エクストラマジックアワーや、

リゾート内の無料交通機関でパークまで行くことができ、とても便利。

もちろん、デルタ航空のマイルも100%たまります。

 

他にもビジネスクラス(ビジネスエリート)で行くツアーのサイトがありますが、

残念ながら、リンクされているツアーは、エコノミークラス利用ばかり・・・。

デルタバケーションのきちんとしたサイト更新に、期待。

 

旅行会社店頭にあるパンフレットを、パソコン上でも閲覧できるようになっているので、

旅先の知識も付けつつ、地道にパンフレットで値段を確認することをオススメします。

 

ユナイテッド United Vacations

ユナイテッドバケーション

グアムに強い、ユナイテッド

オススメプラン

成田発 グアム3泊4日 101,100円 (燃油費 空港諸税含)

 

グッと『手が届く感』が増したこちらのプラン。

グランド プラザ ホテルという、それほどグレードの高くないホテルに宿泊。

TripAdvisorでも評判の良い、オンワード ビーチ リゾート

ヒルトン グアム ホテル リゾート&スパに宿泊しても、1万円ほどしか違いがないので、

ここはグアムでも、”上級クラス”で過ごしたいところ。

 

いかがですか、航空会社のツアーでビジネスクラス体験。

ビックリするほどお安いツアーはないものの、「思ったより、垣根が低かった。」

そう感じていただければ、幸いです。

 

 

Pocket