biaggi

ウソみたいに薄くなります

旅行日数や渡航先に合わせて
スーツケースを選びたいけれど、

何個もスーツケースを置けるほど、家は広くない・・・。

スーツケースは欲しいのだけれど、
使わないときの置き場所に困る・・・。

そんな悩みと、今日でサヨナラ。
biaggi社の Foldable スーツケースをご紹介。

 

biaggi

どんな形でも、ぺったんこ

数センチの”マチ”が付いている、”エクスパンダブル”のスーツケースではありません。

ビックリするほど小さくなる、驚きのbiaggi社のスーツケース。

Foldable(たためる)の名前に恥じない、見事なたたまれっぷり。

 

どんな仕組みなのかは、こちらのビデオを見れば一目了解。

あったようで、なかったスーツケース。

 

個人的に一番使い勝手が良さそうなのは、

Tecno 22″ Foldable 4 Wheel Spinner Carry-on with Suiter $269

たためること以外にオススメなのは・・・。

 

① サイドにも取っ手(機内で持ち上げるときなどに、便利)

② 背面にガード(動かすときに、よく蹴ります)

③ 横に底鋲付き(横向きに置くことも多々)

 

2輪か4輪かは好みが分かれるところですが、

機内持ち込みが多い旅行者は、小回りが効く4輪、

街中をカラカラとスーツケースを引くことが多い旅行者は、タイヤが大きくて丈夫な2輪、が

それぞれオススメ。(ちなみにTsumは2輪派、Ariさんは4輪派)

biaggi

中地の色は大事。意外とこだわっているメーカーさんは少ないようです

biaggi

横にある底鋲や、後ろのガードなど、細かいところにも気配り
よく見ると、エクスパンダブル(マチが広がる)タイプなような・・・

biaggi

スーツを着ない人にとって、どうしたら良いのか分からない付属品

 

同じサイズで色展開が豊富な『Contempo 22″ Foldable Spinner Carry-on』もありますが、

中の仕切り具合や、中地の色が、Tecno の方が好み。

旅先でのストレスを軽減するためにも、デザインを含め、

自分に合ったスーツケース選びは重要。

ただ、付属のスーツ収納は、万年T-シャツで過ごす旅行者にとって、

使う用途がないので、悩ましいところです。

 

 

こちらは、実際に買った方々のビデオ。

本当に、いとも簡単に小さくなります。

付属の袋に入れれば、置き場所に困らず、また長期で使わなくても、

スーツケースが、ホコリをかぶることはありません。

 

 

このビデオで紹介しているのは、一番大きい28インチさいずだと思われます。

どんなに大きなスーツケースでも、半分ほどの大きさになるので、

あえて大きいスーツケースをbiaggi、小さいものを他社のスーツケース、という買い方も。

 

残念ながら、日本未発売。

biaggi社のスーツケースを手に入れるには、

直接biaggi社から購入、配送は転送会社(GooppingMalltaii)に頼む、

という、少々面倒な方法しか、今のところありません。

 

日本の旅行用品店の皆様、狙い目のブランドですよ。

 

Pocket