ANA マイレージクラブ リニューアル

ANAオフィシャルサイトより

ANAマイレージクラブリニューアルが発表されたのが、
昨年、2012年の11月。

多くの僧にとって、”改悪”と言われる、この改訂。
さて、今さらながら、何がどう変わったのでしょうか?

2012年、無事解脱した元修行が、
プラチナ達成という観点から見た、ANAのリニューアル。

ANA マイレージクラブ リニューアル

ステータス到達に必要なポイント獲得のルールは、大きな改変となりました

プラチナ到達基準の改定

 

5万プレミアムポイント

うち、2万5000ポイント以上ANA運行便による

 

私のような、他社海外発券で修行を考えていた僧にとって、一番痛手の改定が、

このANA運行便による縛りが付加された点でしょう。

 

4万7000ポイント以上を他社便で稼いだ私の修行では、

(要するに、ほとんどすべてのポイントが他航空会社) 完全にアウトとなります。

 

ANA マイレージクラブ リニューアル

安いチケットでは、マイルが全く貯まりません

マイル積算率の改定

 

ビジネスクラス: ビジ割/予約クラスP…積算マイル70%

(もともとは、125%)

エコノミークラス: エコ割50・エコ割スペシャル/予約クラスL・K…積算マイル30%

(もともとは、50%)

エコノミークラス: スーパーエコ割/予約クラスV・W・S・T…積算マイル50%

(もともとは、70%)

 

ANA便で2万5000ポイントも稼がなかればいけない上に、マイル積算率の改悪。

修行の空が、どんどん高くなります。

しかし、ビジネスクラスでさえ70%とは・・・。

 

ANA マイレージクラブ リニューアル

唯一の朗報、アジア路線でのプレミアムポイント倍率

プレミアムポイント算出方法の改定

 

アジア路線 1.5倍

 

今まで、中国路線(台湾を除く)に限っていた国際線での路線倍率を、

アジア路線まで広げました。

悲しいリニューアルが続く中の、一筋の光です。

 

ANA マイレージクラブ リニューアル

それだけのポイントが貯まるということは、それだけの経済力があるということで・・・

ANA マイレージクラブ リニューアル

あえて高い運賃でチケットを購入し、使い勝手の悪いポイントで、
アップグレードする旅行者はあまりいなように感じます

アップグレードポイントの改定

 

獲得ポイント数

ステイタスにかかわらず、前年のANAグループ運行便での獲得プレミアムポイントに応じる

 

こちらは、修行後の話になりますが、まさに大改悪。

私の場合、ANAでの獲得ポイントは2256ポイントなので、

付与されるのは、なんとたった4ポイントのみ。

 

この場合、使い道は2通りだけ。

① 4ポイントで国内線普通席→プレミアムクラスへ

② 2ポイントで国内線ラウンジに誰かをご招待

 

幸いなことに、こちらの実施は2014年からなので、

2012年に修行を終えた私には、20ポイントが付与されます。

 

現行ルールでは、20ポイントあれば、

① 往復16ポイントで欧米路線エコノミー→ビジネスクラスへ

② 往復12ポイントで東南アジア路線エコノミー→ビジネスクラスへ

③ 往復8ポイントで東アジア路線エコノミー→ビジネスクラスへ

 

発券クラスに制限はあるものの、まだ「使い道」があった、アップグレードポイント。

改定後は・・・、

① 往復20ポイントで欧米路線エコノミー→ビジネスクラスへ

② 往復16ポイントで東南アジア路線エコノミー→ビジネスクラスへ

③ 往復12ポイントで東アジア路線エコノミー→ビジネスクラスへ

20ポイント貯めるには、4万プレミアムポイントが必要。

 

ここまで改悪されてしまうと、JALがアップグレードポイントを廃止している中、

無理をしてまで、その制度を維持する必要があるのか、理解に苦しむところです。

 

修行を終えた身だからこそ、冷静に新しいルールを見つめられました。

先延ばしにしていなくて良かった、と胸を撫で下ろしているところです。

 

ただ、こうなってくると、ANA修行の必要性があまり感じられなくなってきました。

スターアライアンス・GOLDが欲しいのであれば、

ハードルが低く、維持も格安な、エーゲ航空修行で十分な気がします。

(心配されているルールの改定も、今のところはなさそうです。)

 

私のようにANAを全く利用せずに、まんまとANAの上級会員になるような乗客ではなく、

本当にANAを頻繁に利用する、”上客”を優遇するための改定だとは思うのですが、

もともと航空券も燃油費も高く、マイルでの特典旅行もお世辞にも使いやすいとは言えない中、

マイル積算の改悪など、修行僧だけでなく、

一般旅行者のLCCや海外発券への流れを加速していきはしないかと、

老婆心ながら少し心配です。

 

Pocket