シンガポール→バンコク間、
2時間30分のシンガポール航空ビジネスクラスの旅。
短時間ながら、美味しい機内食と、
グラスいっぱいのシンガポールスリングを楽しみました。

 

HND→SIN間が少しガッカリだったため、さほど期待していなかったSQ972便、SIN→BKK。

ファーストクラス12席、ビジネスクラス42席、エコノミークラス234席となかなか大きな機材。

私たちが利用したビジネスクラスの座席は、ギャレーを挟んだ後部。

偶然なのか、いつもなのか、乗客はあまりおらず、21席分を貸し切り状態。

気が付けば、ギリギリでの搭乗

バンコクまでお世話になる、777-200

本当にガラガラなのです

思わずCAさんに「ここは私たちだけですね。」と声をかけると、

「前の方に移りますか?」と、移動許可の返答が。

ですが、滅多にない機会なので、貸し切りを選択。

 

CAさんの仕事からすると、私たち二人だけのために後ろまで来る手間がなくなるので、

前に移動してあげた方が良かったのかも・・・、と少し後悔。

それなりに大きな飛行機なのですが・・・

よく見ると、欠けているグラス

食事のお供には、日本からの便はあまりに早朝だったので遠慮した、

シンガポールスリングと、シルバークリススリングをオーダー。

 

途中、チラッと見えるギャレーで、

大きなグラスに並々とオレンジジュースを注ぐCAさんの姿が見えたので、

「オレンジジュース好きが乗っているらしいよ。」などと呑気なことを話していると、

そのオレンジジュースが、私たちの席に運ばれてきました。

(シルバークリススリングはジン、コアントロー、

オレンジジュース、パイナップルジュース、シャンパンのカクテル。)

 

写真では分かりにくいですが、予想外に大きいグラスでビックリ。

そしてエコノミーとは違うのか、濃いアルコール分にもビックリ。

お酒には全く強くないので、機内の小さなグラスで飲む、

アルコール分ほんのり程度のお酒でちょうど良いのですが、

この2杯を飲むのに、思わぬ苦戦。

お腹がいっぱいでも、やはりメニューには目を通します

初めて見たシートの操作方法

短距離なので、モニターも小さめ

そしてなぜか爪楊枝

下に目をやると、なんだかビリビリ。そしてまた爪楊枝

無事離陸。青い空がまぶしい。エンジンの真横なのでなかなかな騒音

お酒をちびちびやりながら、機内を観察。

お世辞にもキレイな機材とは言いがたいですが、2時間ほどなのでさほど気にならず。

 

機内の写真をあまりにも撮るので、「お二人の写真をお撮りしましょうか?」と、

CAさんが声をかけてくださいました。

この旅2回目のシンガポール航空関連記念写真。

フルーツからスタート。バターの形はお花に変わりました

アジアな味のする、麺。美味。

こちらはAriさんの飲茶。かなりのボリューム

ラウンジでヨーグルトを食べた後は、さすがにこれ以上胃に隙間はないだろうと思っていたのですが、

美味しいご飯を前に、Tsumは完食、Ariさんは2/3ほどを食べ終了。

あっという間にバンコクに到着

プレミアムレーン用のチケットをもらいましたが、使う必要がないほど空いていました

入国が早すぎてまだバゲッジクレーム動いておらず

切なく書き直されたタグ

バンコクには定刻に到着。2時間ほどでしたが、

途中、「バンコクへは旅行?私もバンコク大好き。」と小さな会話があったり、

目が会えばニコリと笑い返してくれたりと、

羽田→シンガポール路線に比べ、明るい雰囲気のCAさん達に癒されました。

 

どうも私たち二人には、

「かしこまりました。(会釈)」より「OK。(親指)」の方が性に合っているようです。

 

Pocket