お坊さんも、さりげなく溶け込むラウンジ

予定通りに飛行機が飛んでいたら、

訪れることができなかった(負け惜しみではなく)、

シンガポール・チャンギ空港のクリスラウンジ。

シンガポール航空のハブ空港のラウンジを覗いてきました。

 

傷心のまま、空港内をフラフラ。

南国らしく、ありとあらゆるところに蘭が飾られています。

 

鯉と蘭

今週のベスト・従業員 人数が毎週違うのは、なぜ?

各色取り揃えている、マーライオン。思わず1体連れて帰りたくなります

Skytrax社のベスト・エアポートの常連だけあり、空港施設は充実。

2012年度/2位、2011年度/2位、2010年度/1位。

日本は2009年度の中部国際空港が最上位。日本頑張れ!

無料の施設も数多く、ラウンジを利用しなくとも充分に時間を潰せそうです。

 

胃にすきまがあったなら、ぜひ立ち寄りたかったフードコート

タイガーエアー

かなり奥まったところにある、ラウンジ

空港を軽く散策したところで、いざラウンジへ。

お腹も空いていなかったので、空港内をもう少し見たかったのですが、

未だに行ったことがないシルバークリスラウンジを見たみたい、という欲求に勝てず。

結構な人数の人々が次々にラウンジへ吸い込まれていきます

立派な入り口に微妙な絵画

テキパキと働くシンガポール人

入り口付近から、すでに高級感を醸し出しています。

何となく入りにくい雰囲気でしたが、さほど抵抗されず、すんなりと中へ。

どこもかしこも大理石で、そこはかとなく成金なイメージ。

優秀なスタッフのおかげで、ごこもピカピカ

シンガポールのラウンジには、大好きな”Bitter Lemon”というソーダがあります。
残念ながら炭酸飲料でさえ入る隙間なく

飲茶類

朝ごはんをラウンジで取る人が多いようです

時間が朝8時と、ちょうど朝食タイムだったのか、空いていた席もあっという間に埋まりました。

「ちょっと軽めにご飯を・・・」という旅行者より、がっつり食べますという旅行者が多く、

人気の品はすぐに空に。すぐ補充されるので、心配ご無用。

お茶はもちろん、TWG

キレイに着飾ったヨーグルト

このラウンジで一番嬉しかったのは、お茶の充実度。

色々なフレーバーのお茶が用意されていて、思わず2杯ほどいただきました。

周りもコーヒーより、お茶を飲む人の方が多かった気がします。

満腹と言いながらも、このくらいなら・・の結果

あぁ、やっぱりとしなくても良い確認により、ガッカリ増大

もともと乗るはずだった便を、切なく見つめて過ごすラウンジでの時間

ラウンジ内では、もちろんWifiが飛んでいます。

iPhone、iPad、iPod、Macbook Air・・・、Apple製品を操る旅行者が目立ちました。

 

食べ物、飲み物共に充実してはいるのですが、いまいちシンガポールらしさを感じられないので、

最後までシンガポールの食を楽しみたい旅行者は、空港内の飲食店でお腹を満たしてから、

ラウンジでゆっくりと、TWGのお茶を飲みながら時間を過ごす、そんな利用方法がオススメです。

 

Pocket