仁川・ソウルから香港までの約4時間の旅は、B747のジャンボジェットで

タイ航空で仁川→香港の予定が
思わぬことからビジネスクラス未体験の
アシアナ航空で旅行することに

評判の良い機内食を、思う存分楽しんできました

 

便名:OZ745
仁川空港 19:50 発 → 香港空港 22:40 着

2階建ては、やっぱり大きい

快適シェル型シート

搭乗口は43番。

エコノミークラス側は、これから香港旅行に行くと思われる地元・韓国の人の長蛇の列。

ビジネスクラスは、その名の通り、ビジネスマンの姿が目立ち、

“観光客”とおぼしき乗客は、私たち二人くらい。

 

もともと4時間弱のフライトなので、

レジャー目的のビジネスクラス利用需要は、それほどないようです。

アシアナ機が並ぶ窓の外は、すでに陽が陰ってきました・・・

ありがとうございます

フルフラットまではいきませんが、4時間の旅なので充分

短距離なので、ハズレ機体を予想していたのですが、

意外にも快適シェル型B747-400。

 

仁川空港での10時間は、ほぼ座っていたので、

大きなその座席に、いつも以上の感動はありませんが、

それでも、狭い機内で足を伸ばして、ゆっくりと静かに過ごせるのは、うれしいものです。

メニューは、英語、韓国語

韓食の前菜・本当に美味しい

洋食の前菜・こちらも美味 確か鴨肉。記憶が曖昧。

韓食・すごい量の葉っぱ

ほぐすと、さっきにも増して、その存在感を発揮する葉っぱ

葉っぱに肉を巻き、味噌を付け、パクッと一口

洋食のステーキ・こちらも美味しい

デザートは、韓国ではおなじみ龍のひげ飴。台湾でも見かけますね。

エコノミークラスの機内食も、充分に美味しいアシアナ航空。

それ故に、どうしてもビジネスクラスの食事に、過度の期待してしまいます。

 

見た目にも美しい機内食は、味も文句なし。

ラウンジで胃がはち切れるほど食べたというのに、ほぼ完食。

(数枚、葉っぱを残しました。)

 

特に韓食はそれだけで、アシアナ航空を選ばせるほどの威力がある、パワフルなメニュー。

LCCが台頭し、多くの航空会社がアライアンスに加入し始めた今、

こういった差別化が重要な気がします。

無事に香港空港に到着。香港はすっかり夜・・・(悲)

4時間お世話になった座席ともお別れ

 

日本から香港への航空券は、近距離でありながらも安くはなく、

羽田空港からだとエコノミークラスでも、5.5万円ほど〜。

(神奈川県在住なので、どうしても羽田空港が出発が魅力的。)

ちなみに、ルートに関西空港をはさむと少しお安くなります。

*羽田空港→関西空港→香港空港

 

今回利用した、仁川空港→香港空港の往復ビジネスクラスは、

アシアナ航空のオフィシャルサイトから購入すると、8万円〜。

(ウォン安の恩恵をかなり受けています。)

 

日本から一度ソウルに行く必要がありますが、

少し奮発してビジネスクラスを楽しみたい。

近場で2カ国楽しみたい、という旅行者にはオススメのルートです。

 

*アシアナ航空は仁川→香港間を往路、復路とも4便運行しています。

このシェル型座席のビジネスクラスに乗るには、

往路:OZ745便 仁川空港 19:50 発 → 香港空港 22:40 着

復路:OZ746便 香港空港 00:30 発 → 仁川空港 05:00 着

を選択する必要あり。それ以外は、いわゆる”ハズレ機体”です。

曜日によって、機材が変わることも。ご注意ください。

 

Pocket