夜景を背景に飛行機の光が美しい、羽田空港・国際ターミナル展望デッキからの眺め

土曜、深夜の羽田空港国際ターミナル。

日曜朝のバンコク、

チャトチャック・ウィークエンドマーケットに

間に合うべく、いざ出発。

バンコクに旅立つ嬉しさに、思わずラウンジで食べ過ぎ。

 

今回の旅行は、Air Canada・Aeroplan特典旅行で行く、

シンガポール航空ビジネスクラス初体験、憧れのシャングリラ・バンコクに宿泊、

チャトチャックで買い物、就航ほやほやタイ航空A380ビジネスクラスに乗る!がテーマ。

 

2泊3日の日程

羽田→シンガポール(乗り継ぎ)→バンコク

SQ633(00:30/06:20)→SQ970(07:10/-835)

バンコク→香港(乗り継ぎ)→仁川(乗り継ぎ)→羽田

TG600(08:00/11:45)→OZ724(13:40/18:10)→OZ178(20:50/23:00)

なんと、満車。入庫するまで20分ほどかかりました。
私たちは出発便まで余裕がありましたが、かなり焦っている人たちもチラホラ。

週末ということもあり、駐車場は満車。

まったく予想していなかったのですが、早めに到着していたので、

それほど慌てることもなく、気長に待ちました。

 

中には搭乗手続きの締め切りが近い方もいたようで、運転手を車に残し、

複数のスーツケースを転がしながら、先にチェックインに向かう人々もチラホラ。

週末の羽田空港、車でお越しの際は余裕を持って。

ハロウィン使用のモニター。遊び心があってステキです。

シンガポール航空のチェックインカウンター上モニターのみ、ハロウィン仕様。

「季節ごとに変わるんですよ。」とカウンターのお姉さんが教えてくれました。

ユニークで面白い試み、好きです。

 

「期間限定の時に見られたなんて、良かった。」と喜んでいたら、

「ずいぶん前から、ハロウィン仕様なんですよ(笑)。」だそう。

日頃の行いが悪くとも、特別モニターに出会えるチャンスは多そう。

 

カボチャと魔女が並ぶタイミングを見計らって、何枚も写真を撮っていると、

前から先ほどとは別のシンガポール航空の方が、早足でこちらに向かってきます。

「写真撮影はご遠慮願います。」と怒られることを覚悟し、

そそくさと、その場を去ろうとしたところ、

「お二人の写真を、お撮りしましょうか?」と声をかけてきてくれました。嬉しい心遣い。

 

「せっかくなので、このシンガポール航空の旗の前で、さ、さ、ぜひ。」と、

ベストスポットをバックに、写真を撮ってくださいました。

心残りはぎこちない二人の笑顔。

怒られるかもしれないという恐怖が、どうも抜けきれていなかったよう(苦笑)。

 

和を感じる、羽田空港・国際ターミナルのデザイン

羽田空港限定商品がある、まかないこすめ。ほんのり香るハンドクリームがオススメ

左にはかかしがお出迎え、(もしくは、お見送り)

週末なので、空港を利用する旅行客の他にも、

観光地として訪れている人もいるので、いつもより人が多い気のする羽田空港。

成田空港とは違う、商業施設としての活気があります。

ANAのチェックインカウンターもなかなかの混雑具合

最上階では、旅行が当たるイベントが催されていました

午後10時を過ぎる頃にはお店も閉まり、深夜の空港らしい落ち着いた雰囲気になり始めました。

展望デッキから飛行機を見つめながら、これから行く旅行先の話しや、

未だ行ったことのない場所への思いを馳せ、空港ならではの至福の時。

神奈川在住の私たちにとって、搭乗前、空港で少しでも長く時間を過ごせるのが、

羽田空港の魅力です。これに味をしめると、成田空港からどんどん足が遠のきます・・・。

空港の混雑具合とは裏腹に、手荷物検査場、出国審査とも順調

期間限定、ユニクロ

スターアライアンス系航空会社ビジネスクラス利用者は、ANA Loungeを利用

読み物が並ぶ、ラウンジ入り口

免税店を少しひやかし、期間限定ユニクロショップを横目に見た後、いざ、ANA Loungeへ。

深夜便が多い羽田空港なので、ラウンジは満員。

座る席を探すのも一苦労、といった混み具合。

どうにかカウンター席に空きを見つけ、遅めの夕飯を”探しに”出発。

午前12時前ともなれば、この雰囲気

まだ試したことのない、ヌードルバー

やっぱりカレー。横の飲み物は梅酒

おにぎりやサンドイッチ、うどんやそばもありますが、行き着くのはカレー。

カレーライスの美味しさを再確認。

深夜便で搭乗後すぐに寝ないといけないので、満腹は避けたいところですが、

Ariさんの食欲は止まらず、カレーをおかわり。

カレー以外のなにか。失念

おにぎりやパン

もちろんビールも用意されています

クッキーとドライフルーツ+チョコレート

デザートには、Compartesというお店のLove Fruitsという、

ドライフルーツにチョコレートがかかっているお菓子をいただきました。

個人的に一番美味しかったのは、イチゴ。無難に。

これから寝なくてはいけないのでコーヒーは避けましたが、

このお菓子にはカフェラテが欲しくなります。

午後10時過ぎのラウンジの様子

12時前には、人も少なくなります

羽田から色々な場所へ行けるようになりました

まだ新しい羽田空港国際ターミナルでは施設も充実し、

ラウンジも真新しく、居心地良く過ごせます。

願わくばデザートにアイスもあると、より一層ステキな搭乗前の時間を提供できるのでは、

などと勝手なことを思いながら、足早にSQ633便搭乗ゲートへと向かいました。

本当に個人的な要望。 でもできれば、ハーゲンダッツ。

 

Pocket