Sheraton Seoul D Cube City Hotel 韓国・ソウル
41階という、高層階にある朝食会場。
大きな窓から燦々と光が入り、美味しいと料理とともに景色も楽しめます。

旅行の楽しみのひとつが、ホテルの朝食。

事前に出来るだけ調べあげ、準備万端、意気揚々と、

当日、朝食会場へと乗り込みます。

 

いつもは、パンとコーヒーだけで済ませてしまいますが、

旅行中は少なくとも1時間以上かけて、朝食を取るようにしています。

(意識している訳ではなく、気が付けば2時間もいた・・・なんていうことがほとんど。)

 

ガイドブックを持ち込み、予定を立てながら・・・。

現地の新聞を読み(眺め)ながら・・・。

昨日の出来事などを、ノートにしたためながら・・・。

旅行中ならではの、贅沢な時間です。

 

初めて『ホテルの朝食』に出会ったのは、バンコク旅行。

宿泊先である、Grand Sukhumvit Hotel Bangkokの朝食の豪華さに、腰を抜かしたものです。

(2日目に朝食会場を散歩するゴキ夫さんを見て、多少気持ちが萎えましたが。)

 

それからというもの、立地、価格、清潔さの他に、

朝食の評判もホテル選考の大きなポイントに。

毎旅行、限られた日にちと予算の中で、

調べに調べた評判のホテルの朝食を、ご紹介したいと思います。

 

 

海外ならではの豪華な朝食を、

“お得に”堪能するなら、オススメはバンコク。

 

南国・タイが誇るフルーツ盛りだくさんのホテルが多く、

日本では高級なマンゴー、パパイヤなどが惜しげもなく並びます。

その光景はまさに夢のよう。

Grand Sukhumvit Hotel Bangkok
記念すべき、初めてのホテル朝食。料理の種類がとても豊富。
夜遊びスポットに近いので、少々怪しいカップルもチラホラ。

Millennium Hilton Bangkok
チャオプラヤ川沿いにあるホテルでの朝食。
川の色は茶色ながらも、都会を感じさせない開放的な朝食会場。
目の前でスイカから作られるスイカジュースに、ときめき。

Chatrium Hotel Riverside Bangkok
こちらもチャオプラヤ川沿いのホテル。
残念ながらテラス席はなく、川沿いに期待していただけに、少々がっかり。

Grand Hyatt Erawan Bangkok
バンコクのど真ん中、BTSチットロム駅に直結ながら、
ホテル内では鯉も泳ぐ、まさに都会のオアシス。
料理の種類はそれほど多くはありませんが、落ち着いた雰囲気で思わず長居。

Grand Hyatt Erawan Bangkok
客層は観光客、ビジネス客、半々くらい。年齢層は少し高め。

Pullman Bangkok King Power
料理の種類が非常に多いこのホテル。朝食自体は良いのですが、中国人団体客や、若い西洋人客が多く、
とても騒がしい雰囲気で落ち着けなかったのが、残念。
ちなみに写真撮影禁止なようで、怒られました。

Sheraton Grande Sukhumvit, A Luxury Collection Hotel
BTS Asok駅直結のこのホテル。
名門ホテルだけあり、古いながらも重厚な高級感が漂います。

Sheraton Grande Sukhumvit, A Luxury Collection Hotel
料理ももちろんおいしですが、
各種効能が書かれ、”力を入れている”度が見える、
カットフルーツコーナーがオススメです。

異文化もいいけれど、朝はやっぱり日本食、

もしくは、少し胃に優しい食べ物がいい。

そんな旅行者は、台湾。

 

親日家がとっても多い台湾だけあり、もともと日本食が好きな国民性もあって、

ホテルの”日本食”コーナーも、きちんとしたものを取り揃えているホテルを探しやすい国。

Les Suites Taipei (Ching Cheng)
見ているだけで嬉しくなってしまう、小鉢。

Les Suites Taipei (Ching Cheng)
台湾の有名なお茶玉子もちゃんとありました。
ほかにも、おかゆや豆乳など、胃に優しい料理が並びます。

 

“手軽に”気取った雰囲気を楽しむなら、

マーライオンのお膝元、シンガポール。

 

もともと英国領だったため、どことなく気品が漂う国、シンガポール。

様々な人種が共存するおおらかさの中に、キリッとした空気も感じられます。

他の国が持つ、東南アジアならではのゆるさがあまり強くない、シンガポール。

かと言って萎縮してしまうほど厳しい訳でもなく、ほどよく上品。

InterContinental Singapore
パンコーナー。もちろん、シンガポール名物、カヤジャムも用意されていました。

InterContinental Singapore
朝食会場は吹き抜けになっており、室内にいることを忘れてしまいます。
民族衣装に身を包んだ女性が料理を持って各テーブルを回るサービスがステキです。

Conrad Centennial Singapore
豪華な朝食が有名なこのホテル。
料理の種類が非常に豊富で、1週間いても食べ飽きることはないでしょう。
思わず品定めも真剣に。

Conrad Centennial Singapore
このホテルの大きなポイントが、アイス。
朝から美味しいアイスが食べられるなんて、なんという幸せ。

 

 

甘い花の香りに包まれ、

鳥のさえずりに耳を澄ます・・・。

自然を楽しみながらの朝食なら、プーケット。

 

テラス席があるところが多く、

海に面したホテルなら、青い海を見つめながら、の贅沢な朝食。

 

真っ青な空と海に囲まれ(雨期でなければ・・・)、煎れたてのレモングラスティーを飲む、

そんな非日常なひとときを楽しむことができます。

Renaissance Phuket Resort & Spa
今までで一番料理が充実していた朝食。
オーダーできる料理が多く、クレープ、エッグベネディクトが美味。

Renaissance Phuket Resort & Spa
もちろんテラス席があり。
残念なのは、目の前の池に大量の魚がおり、それに餌として朝食で出しているパンをやる客が絶えないこと。
まず、とてももったいないのと、数百匹の魚が一斉にはねるので、水しぶきがバシャバシャ。
せっかくの雰囲気が台無しに。

JW Marriott Phuket Resort & Spa
ぜひとも試していただきたいのが、フレッシュスムージーとカットフルーツ。
入り口を入ってすぐにフルーツコーナーがあります。
お見逃し無く。

Marina Phuket Resort
朝食は特筆するほどでもありませんが、会場の雰囲気がとてもいいホテル。
スタッフの方々もにこやかで朝から良い気分。

 

 

何はともあれ、

宿泊するホテルの朝食は、事前に調べてみる。

 

“朝食”のことなど、全く気にしない、なんて言わずに、Google先生に一度聞いてみてください。

意外と評判かも。それを知らずに過ごしていたら、やっぱりもったいない。

お目当てのお店が別にあるなら仕方がないですが、

朝食付きプランでなくとも、別料金で朝食を食べられるホテルがほとんど。

(朝食付きプランの方が、お得なケースがほとんどですが。)

 

特に知らない土地で、朝から空腹に耐えながらご飯屋さんを探すのも大変。

サクッとお腹を満たし、ココロも身体も元気になったら、いざ街歩き。

悪くないと思います。

Johann Hotel
ベルリン・ドイツのホテル。
住宅街の中にあり、とても落ち着いた雰囲気。
小さなホテルなので、とてもアットホーム。スタッフも素敵な方々ばかり。

Johann Hotel
利用客はあまり多くなく、外にも席があるので、テーブルが埋まることはありませんでした。
ドイツならではの、パンとチーズがとても美味しく、
シンプルながらも満足度の高い朝食。

Sheraton Frankfurt Airport Hotel & Conference Center
フランクフルト空港直結のこのホテル。
ビジネス客向けかと思いきや、朝食はとても充実。
最後にグラスに入ったデザートを、スタッフが配って歩いていました。

Sheraton Seoul D Cube City Hotel
まだ新しく、ソウル中心部からも離れているため、
マイナーなホテルながら、すでに朝食は評判に。
なんと、カンジャンケジャンが朝食に出ます。
が、ヤンニョムケジャン(辛い)と日替わりになっているらしく、
残念ながら、この日はヤンニョムケジャン・・・。
他にも、和洋中韓様々な種類の料理があり、満足度の高い朝食です。

Hampton Inn Times Square North
シンプルな朝食が付いている、Hampton Inn。
シリアル、マフィン、ベーグル、バナナ、リンゴとアメリカらしい朝食がいただけます。
中でも人気なのが自分で作れる、ワッフルコーナー。
大人も子供もビジネスマンも、常に行列。

 

ExpediaやAgodaなど、インターネットのホテル代理店では、

素泊まりプランと朝食付きプランを、1000円未満の違いで出していることもちらほら。

そんなときは、ぜひとも一度お試しを。

(事前調査をお忘れなく。)

 

ホテルによっては、朝食が3000円ほどと、

その国の物価を考えれば、驚くほど高く感じることもしばしば。

でも、見方を変えてみれば、日本で居酒屋に飲みに行ったら、

同じくらいの金額が、簡単にお財布から飛んで行くのも事実。

 

ゆっくりと時間をかけて、朝ごはんを楽しむ。

毎日したいけど、なかなか出来ない、そんな貴重な体験に、

ちょっとだけお金をかけても、バチは当たらないと信じております。

 

Pocket