せっせと小籠包を作る作業風景が見られます。

鼎泰豐。言わずと知れた小籠包の名店。
本店は台北。台北経験者=鼎泰豐経験者、
と言っても過言ではないほどの有名店。
しかしながら、本店より香港の方が美味しい?
と思わせる、香港・鼎泰豐のレベルの高さに驚き。

 

 

そうは言っても、

香港は2回、台北で3回、シンガポールで1回、日本で3回ほど。

 

断言できるのですか?と、

強く問われると、さほど自信はありませんが、

香港の鼎泰豐で感じた驚きは、他の店舗では感じず。

注文票でオーダー。欲しい料理名の横に、何皿欲しいかを書いて渡すだけでOK。

香港のレストランで、基本的に接客はどこでも、「ツンデレ」。

乱暴に料理を持ってくるおじさんや、一見、無愛想に見えるおばさんも、

何回かやり取りすると、最後はニッコリ。

 

そういうのも香港のたまらない魅力なのですが、

鼎泰豐では、終始、驚くほどまっすぐな接客。

奥に見えるリーガル香港ホテルの入り口。文字通り、お隣さん。

訪ねたのは2回とも、「香港怡和店」。

地下鉄、「銅鑼湾駅」から歩いて3分ほど。

路面電車も目の前に停まり、

台北の本店に比べ、交通の便がいいのも魅力。

 

初めて行った時にあまりにも感動し、

今回の旅行では鼎泰豐の真となりにある、「Regal Hongkong Hotel」に宿泊しました。

正しい日本語が書かれている、外国では珍しい美しいメニュー。

2回目の香港鼎泰豐で食したのは、新旧交えての、全7品目。

メニューの料理名は中国語の他に、英語、日本語、韓国語でも書かれているので、

言葉の面で、困ることもありません。

美味しそうなものばかりで、「何を食べたらよいものか・・・」と、悩むのは、また別問題。 

インゲンをこれ以上美味しく食べる方法は無いと思われる、干煸四季豆。

1品目。まずは、干煸四季豆。

前回食べて、とても気に入った一品。

インゲンを肉みそで炒めたもの。

 

淡い記憶では、熱々だったような気がするのですが、

今回は冷たいものが出てきました。

これはこれで、とても美味しい。

色々なものが詰まっていると、なんとなく邪道に感じてしまう・・・。

君たちが、美味しくないわけがない。

2品目。本命の小籠包。もちろん、毎回注文。

シンプルに豚肉の小籠包。

他にも色々あり、試してみたい気持ちもあったのですが、

小籠包以外にも食べたいものだらけだったので、

1個、1個、大事に大事にいただきました。

美味しい、あ~、しあわせ。

餃子もいろいろ、焼売もいろいろ。

肉では出せない、お米ならではの食感が魅力的。

3品目は、お米の入った焼売、糯肉燒賣。

こちらも前回食べて美味しかったので、また注文。

しかし、初回ほどの感激は得られず。

美味しいのですが、もっと他の美味しいものに胃袋を譲っていもいいのでは?程度。

少々、残念。

やっぱりご飯が欲しくなる、ご飯の国の人々。

4品目は、王道、チャーハン。

前回は、焼豚がのった豪華なチャーハン、排骨蛋炒飯でしたが、

今回はシンプルにただの蔥花蛋炒飯。

美味。

麺にも定評がある、鼎泰豐。

日本ではなかなか見つけられない、複雑な味。

初挑戦の5品目、台式麻醬撈麵。

これは、Ariさんの猛烈なリクエストによるオーダーでしたが、

肝心のAriさんの口に全く合わず・・・。

どうも、担々麺を想像していたようで。

ちなみに、台式擔擔撈麵という、あからさまに担々麺なメニューがきちんとあります。

 

担々麺と同じく胡麻ベースですが、

辛さは全くなく、その代わりにちょっとした苦みが。

こってりとしながらも、どこかさわやかなお味。

普通語読みだと”しみるぅ”という、あまり美味しく無さげな発音の、西米露。

6品目は、デザート、荔芋西米露(凍)。

タロイモとココナッツ味のスープの中に、タピオカが入ったもの。

お店によっては温かいものもありますが、鼎泰豐では冷たいものしか扱っていませんでした。

心の底から美味しいと思う、鼎泰豐の隠れ看板メニュー(私の中で)、荔芋小籠包。

〆の7品目は、荔芋小籠包。

一見、デザートに見えませんが、

中にタロイモの餡がたっぷり入った小籠包。

 

何とも形容しがたい、深い甘みのあるこのタロイモ餡が非常に美味。

鼎泰豐を訪れたら、是非とも食べていただきたい1品。

本当に、何度食べても美味しい!!

 

これだけ食べて、326HK$、約3500円!! 最高!!

今回も大満足の食事となりました。

デザートは後から注文。もっと色々食べたかったぁ。

小籠包で有名な鼎泰豐ですが、他にもメニューが豊富。

迷ってしまうこと、間違いなしです。

優柔不断な方は、事前にサイトで念入りな予習を。

 

Pocket