flightstats.comで遅延状況などを調べられます。
過去の遅延を掘り返すと、傷口に塩を塗る結果となります。

SFC修行を兼ねた、羽田→仁川→香港旅行。

出だしの羽田で、まさかの1時間30分遅れ・・・。

乗り継ぎがある者には、心臓に悪い飛行機の遅延。

 

 

旅程:

6/25 OZ177 羽田(6:10)→仁川(8:30)

6/25 TG629 仁川(10:20)→香港(12:55)

6/27 TG628 香港(15:30)→仁川(20:10)

6/28 OZ178 仁川(20:50)→羽田(23:00)

 

SFC最終修行はソウル発券・(愛してやまない)タイ航空で行く、

食の都、香港にて締めくくりました。

美しいあじさいを背景に、チケットを記念撮影。

OZ177便と言えば、羽田空港→仁川空港という、

ちょっと変わった便。

 

羽田空港からはソウルの羽田空港こと、金浦空港着がほとんどで、

ソウル市内から遠い仁川空港をあえて選ぶこのフライト。

ソウル観光する旅行者には「??」な便ですが、

これが、仁川空港からの乗り継ぎにとても便利。

 

しかし、SFC修行最終にして、初めて(小さく)失敗・・・。

早朝なので、ほとんどのお店はまだ開いていません。

早朝の空港で、写真を撮り放題。

羽田空港には約1時間前に到着。つまり、朝、5時10分。

早朝と言えども、なかなかの活気がある、羽田空港国際ターミナル。

アシアナ航空のチェックインカウンターで、仁川から乗り継ぎがあることを伝えると、

仁川→香港分のチケットも発券してくれました。

 

搭乗までまだほんの少し時間があったので、しばし、空港内を散策。

あじさいが色鮮やかに咲き誇っております。

が、ほとんどのお店が閉まっていて、あじさい撮影以外、さほどすることもないので、

素直に出国審査を終え、制限区域内へ。

日本の美を感じます。

早朝だって、なんだって、空港だもの、免税店は開いています。

沖止めの、133ゲート。

「搭乗時間が近いから、そろそろ列が出来始めているかな?」

 

エスカレーターで降りながら、ふとゲートに目をやると、

なにやら様子がおかしい。

乗客と思われる人々が、ベンチでぐうたら。

早朝便だから、眠くて動きが鈍いのか?と、自分たちも空いている席に腰掛けることに。

 

ぼぉっと、TVのサッカー中継を見つめること、数分。

特に説明のないまま、見事に搭乗時刻を過ぎてしまい・・・。

韓国人旅行者が多いようです。

「機材整備のため、機内へのご案内が遅れております。」

 

とアナウンスが。

 

ほほぉ。

 

乗り継ぎに2時間ほどあったので、この時はまだ余裕。

小さなコンビニを冷やかしてみたり、

沖止めされているアシアナ機を撮影してみたり。

ウダウダ、グダグダ、グースカ。

あぁ、愛しのあなた様はいつ飛ぶのでしょうか?

しかし、一向に「機内へご案内」される気配がないまま、

時刻は、あっという間に6時30分。

「OZ177便をご利用のTsum様、133番ゲートまでお越し下さい。」

ここでまさかのお呼び出し。

 

内容は、「遅れてしまって申し訳ない。状況が分かり次第、すぐお伝えします。」とのこと。

まぁ、致し方ありません。整備不十分のまま飛んでも危ないですからね。

この子に乗るのではないけども、取りあえず撮影。

動き始めた人々と、まだコロコロしている人々。

「もうすぐ7時になってしまう・・・(ソワソワ)。」というところで2回目のお呼び出し。

 

「申し訳ないのだが、ANAの香港行きに振り替える。

荷物の乗せ換えなどは、すでにこちらで手配し始めています。」とのこと。

 

ということは、仁川→香港 タイ航空 ビジネスクラスのチケットが利用出来ず、

全くのムダに・・・(泣)。

 

しかし、このまま仁川に行っても、タイ航空便に乗れる気配はない。

仁川→香港ビジネスクラス分がなくても、

ギリギリ5万プレミアムポイントは越せるはず・・・。

 

半分寝ている脳みそをフル回転させましたが、

状況的に「分かりました。」と言うしかなく、

「仁川→香港がビジネスクラスなので、

このANA便もアップグレードしてもらえないでしょうか?」

なんて交渉してみる余力も、全くありませんでした。

(もともと小心者の私には、”新しい顔を受け取ったアンパンマンの直後”並みの

元気と勇気がみなぎらない限り、そんな事は、口にできません。)

 

数分後。3回目のお呼び出し。

「この便が動きそうなので、とりあえず仁川まで行ってみて下さいっ!(キラキラ)」

と、ギャンブラーな提案。

 

これで、タイ航空にも乗れるし、万々歳かと胸をなでおろしましたが、

このアシアナ機の到着予定時間が、ちょうどタイ航空・TG629便が旅立つ時間・・・。

少々、気になるところ。

NOW BOARDINGに、軽いざわつき。

そんな動揺が伝わったのか、なぜかチケットを切る手が、激しく震えるお姉さん。

ミシン目なんぞ無かったのごとく、半券は驚くほどビリビリに。

 

アシアナ航空もタイ航空も同じStar Alliance。

そこは、どうにかしてくれるのだろう、と安心して、(やっと)機内へ。

見事なビリビリっぷり。

表情が暗く、足取りも重い乗客。

2時間ちょっとのフライトながらも、名物コチュジャンチューブ付きの機内食も配られ、

お腹を満たした後、軽く睡眠を取り、気がつけば仁川に無事到着。

 

途中、「遅れて申し訳ありません。到着後は、乗り継ぎのご案内をいたします。」と

わざわざ挨拶がありました。

ヨッ、待ってました、機内食!

チューブコチュジャンにトキメキ。そしてお持ち帰り決定。

結構なボリュームでお腹がいっぱい。

日本人CAの方が先導して下さり、出口へと急ぐ二人と他乗り継ぎ乗客。

「何を急いでいるのかしら?」「乗り継ぎよ、乗り継ぎ。」「あら~。」

など、マダム達の会話が後ろから聞こえます。

 

「せっかくソウルに来たのに、乗り継いでしまうの?もったいない。」

と言われているような気がして、居心地が悪く、

「帰りはソウルに寄るんです。えぇ、香港の後、ソウルに、

D-CUBEってとこに行くんですよ、えぇ、今回は明洞には行かない予定で・・・」等、

(心の中で)受け答え。

 

先ほどのCAの方が、出てすぐに現地地上係員と何やら韓国語で交渉。

知っている韓国語、”ペゴッパヨ”と”マシッソヨ”は、聞こえてこなかったので、

どうやら今日のランチの相談ではなく、

私たちのこの先の行動について、相談しているようです。

話し合いの結果、日本人のCAの方は、

乗り換えに遅れた、もう一人の日本人男性に付いていくことに。

 

残された現地係員は、「English,OK?」からスタート。

そして、「とにかく、真っ直ぐ、右、右、エスカレータ-で4階まで上がれ!」とのこと。

それ以上は、「行けば分かる。」という、実にザックリな説明で終了。

 

仕方なしに、言われるがまま、空港内を全速力で疾走。

トランジット用の荷物検査場でチケットを見せると、明らかに怪訝そうな表情をされます。

当たり前。その時点で、あと3分でTG629便が飛び立つ、という時間。

 

仁川でのトランジットは今回で2回目だったので、さほど迷わずトランジットカウンターへ。

息を切らしながら、受付の女性にチケットを見せると、

非常に申し訳ないという表情をしながら、

 

「Sorry. It’s already gone.」と一言。

カンター越しに、かなりビクビクしていたお姉さん。

その時点で、10時19分。

まだ1分あるはずなのに、Goneとはどういうこと???、Goneって何???、

Goneって意味何だっけ???、Goneとはいかに???

自問しすぎて、過呼吸になりそうな中、畳み掛けるように、

「Next flight is full.」と衝撃的な発言が続きました。

 

そして、

「Your flight is 19:15. I’m Sorry….」

「That’s 3pm?」

「No, 19:15….I’m Sorry….」

「Oh, 5pm!」

「No, 19:15, 7pm…. I’m Sorry….」

 

あまりのことに、時間さえ分からなくなる始末。

もしくは、悲しさ故の現実逃避。

「I’m Sorry. But you can choose, Our First Class Lounge or Airport Hotel. Oh I’m sorry….」

滅多に入ることが出来ない、ファーストクラスのラウンジ。
これも経験、経験、経験、経験、経験、経験、経験・・・。

雨に濡れた捨て猫のような表情で「I’m Sorry.」を連呼し続けるお姉さんを、

これ以上責め立てることなど、到底出来るわけがない旅人二人。

素直にファーストクラスのラウンジを選択。

 

「ケンチャナヨだよ、パクさん」と笑顔で立ち去りながらも、

(実際には震える声で「Thank you.」と言いました。)

内心は「担々麺が…、許留山が…。」と涙、涙。

 

こうして、仁川空港にまさかの10時間滞在決定となりました・・・。

 

Pocket