真っ赤なAir Asiaバスでお出迎え。

バンコク、スワンナプーム国際空港で、
入国してからの、他社便乗り継ぎ。
制限時間、1時間。結果、無謀。


世界中からありとあらゆる旅行者が集まる、タイ・バンコク。

以前は、バンコク市内まで出るのに、

まず、タクシーの運転手と格闘する必要がありましたが、

エアポート・レイル・リンク(最速で約15分!!)も開通し、

利便性は年々上がっています.

 

が、どうしても改善されないのが、出入国に審査にかかる時間。

実際に、どれくらい時間がかかるのか・・・?

こればかりは、かなり運に左右されます。

日頃の行いが良ければ、5分。何か後ろめたいことがあるなら、1時間半。

案内が明確で分かりやすいのが、旅行者にうれしい。

 

まず、入国審査の場合、到着便数がキーとなりますが、

 

ただ、すべての便が定時に到着するわけではないので、

なかなか読み切れないのが実情。

 

早朝なら大丈夫だろう・・・。

そんな甘い考えは、スワンナプーム空港では捨てましょう。

(実際、体感することになります。)

 

出国審査の場合は、利用便の時間帯もありますが、

やたらと団体客が多いときに当たってしまったりすると、もう大変。

列が短くなっているのかどうだか怪しいほど、出国審査場には人が溢れかえります。

旅のスタート地点、羽田国際ターミナル。

 

旅の計画は、

 

TG661便 (タイ航空)HND 00:20発 – BKK 05:50着

FD3501便 (エアー・アジア) BKK 07:05発 – SIN 10:25着

 

バンコク乗り継ぎ時間、約1時間。

この1時間の間に、タイに入国し、バゲッジクレームから荷物を取り、

荷物預かり所に荷物を預け、エアーアジアにチェックインし、

タイを出国。

(LCCであるAir Asiaは、制限エリアに乗り継ぎカウンターがないため。)

 

書き出すとかなり無謀な計画であることが分かりますが、

なぜ遂行しようと思ったかというと、

 

① タイ航空なので、ゲートは優遇され、審査場に近いてはず。

② 早朝便なので、入国・出国審査ともさほど混雑していないはず。

③ 次の便だと、Tiger Airwaysの09:05発、12:45着で一気に時間が空いてしまう。

 

①、②に関しては、完全に読み違い。

③は、確かに今考えてももったいない。(乗り遅れたらそれどころではありませんが。)

 

結果、

05:30  TG661便、定刻より早くスワンナプーム空港に到着。小走りで審査場へ。

05:35  大混雑する入国審査で素直に15分ほど並んでみる。

05:50  一向に進む気配なし。

到着してすぐにDUTY FREE。

05:50  係の人に事情を説明してみる。

05:51  その女性、他の何人かと相談。

05:53  一度は却下されかけたが、なんとかタイ人専用レーンに通してもらう。

まだか、まだかと荷物を待ちます。

05:57   無事にタイ入国。

05:57   荷物はまだ出て来てなかったが、出て来たときは(なんと)ファーストクラスより先。

06:00  広いスワンナプーム空港を全速力で走る。

この、白い鬼の後ろに”LEFT LUGGAGE”、荷物預かり所。

06:03  荷物預かり所で急いでるオーラを出してみる。

06:06  広いスワンナプーム空港を(また)全速力で走る。

06:13  エアアジアに無事チェックイン(オンラインチェックインの威力を知る。)

おんぼろの上出書かれたサイン。預け入れ荷物ない人、ONLY。

朝早くとも、かなりの人が並びます。

06:20  広いスワンナプーム空港を(またまた)全速力で走る。

06:22  元気いっぱいの団体客や、のんきに屋台ご飯を抱えてる人々に、小さなストレス。

06:41  無事、タイ出国。(滞在時間、45分)

そして、出国。

手荷物検査後、”ここで”着替えて荷物をつめろ、とのサイン。

06:54  F2a番ゲートに到着。

07:00  こうなると、一刻も早く飛び立ちたいが、しばしバス待ち。

07:08  真っ赤なAir Asiaバスに乗って、初Air Asia搭乗。

F2aで沖止めゲート。

 

日本でもすっかりおなじみとなった、真っ赤な機体。

 

 

シンガポールに着く前に、すべての体力を使い果たしました。

バンコク・スワンナプーム空港で乗り継ぐ旅行者のみなさん。

乗り換えの時間は、十分に余裕を持って。

 

Pocket