layovertable©

混雑した空港で、

重たいキャリーバックを引きながら、

ハンバーガーを片手に、

空いている席を探す日々に、さようなら。

 

前回紹介したTraveldesk21は、ラップトップも置ける、

仕事をバリバリしたい、ヘビーユーザー向け、本格デスクでしたが、

Layover Tableは、旅行者が感じる、もっと身近な問題。

食べたい時に、席がないー、を簡単に解決してくれる、優れもの。

 

 

早朝5:30の空港。

コーヒーを片手に、

朝ごはんを食べながら、ゆっくり新聞を読みたいだけなのに、

空いているテーブルはない、

座席は、どうしても汚いイメージがあり、食べ物を置きたくない、

仕方がないので、コーヒーを床に置いてはみたが、

嫁が蹴って、そこらじゅうコーヒーだらけになり、

ポテトを膝の上に置いて、サンドイッチに夢中になっていると、

油染みがズボンに付き、散々。

 

layovertable©

 

次の空港では、悪天候により乗り継ぎ時間が、4時間。

混み合ったフードコートでソーダ買い、

テーブルがないので、スーツケースに置けば、

(見事に)人が当たり、(またもや)そこらじゅうソーダ。

気づけば、シャツの真ん中にもソースのシミが・・・。

という、発明者の壮絶な経験から生まれた商品。

 

layovertable©

 

取っ手の穴のサイズが、自分のスーツケースのものに合うのか?

カップホルダーの位置や、高さなので微調整が全く出来ないが、

きちんとフラットになるのか?

など、ちょっとした細かい点が気になりますが、

なんとなく、どうにかなるのではないか、

と思わせる”ゆるい”デザイン。

 

layovertable©

 

素材は100%リサイクル可能な、段ボール。

環境にも、食いしん坊にも優しいLayover Tableは、お値段6ドル。

使い捨ての商品としては少々高めですが、

あって困らない、そして空港での注目を集めること間違いなし。

 

パッと開いて、あっと言う間に自分だけのテーブルが確保出来る、Layover Table。

オフィシャルサイトから購入可能です。

価格 US$6

layovertable.com

Pocket