台北でトランジット

ソウル発券。TGビジネスクラス。
仁川 – バンコク。

台北経由で、遠回りの贅沢な旅。

 

・搭乗日: 2012 04/13

・搭乗区間: 仁川 − バンコク(台北経由)

・搭乗クラス:ビジネス Cクラス

・機材: A330-300

・価格: 1,149,600 Won = ¥87,340

・予約: Thai Airways Official Site

オレンジジュースと(たいして飲めない)シャンパン

価格 

ビジネスクラスながら、破格の往復約9万円。

日本発着タイ航空ビジネスクラスの場合、最低でも15万円ほど(福岡発)。

韓国ウォン安の影響を受けているとはいえ(100won=7円)、

10万円を切るのはとても魅力的。

 

日本⇄仁川間の航空券が別途必要になりますが、

ANA、JAL、アシアナ、大韓などの大手から、

ピーチ、イースター、チェジュ、などのLCCまで路線が充実。

時間、予算に合わせた旅が実現できます。

最新鋭ではないものの、ゆったり座席。

垣間見える、機体の古さ。

座席

シートは旧タイプ。お世辞にもキレイとはいえません。

テレビモニターは前にはなく、座席横に収納されています。

シートのリクライニングもあまり倒れないもの。

 

多少がっかりしましたが、仁川→バンコク路線では、

まず台北に立ち寄るため(香港経由の路線もあります)、

約2時間半ほどのフライトとなり、それほど気にはなりませんでした。

サーモン、美味。

ボリューミーな機内食。

甘さが満腹具合に響く、食後のケーキ。

アルコール類は豊富。残念ながら欲しいのは、ノン。アルコール。

台北→バンコク、ラウンド2の機内食スタート。

おいしい、しかし、すでに胃袋に空間なし。

控えめフルーツにひと安心。

機内食

経由地の台北からバンコクまでは、全く同じ機材を使用しますが、

台北からの搭乗が非常に多く、

そのためなのか、仁川→台北、台北→バンコク間とも、

きちんと2回機内食がサーブされます。

 

先に配られたメニューから選び、

後からCAの方が聞きに来る-というシステムなのですが、

ラウンジで欲張ってしまったせいで、すでに満腹。

それとなく、断ろうと思ったのですが、

ビックリするほど、悲しまれてしまいました(苦笑)。

そんなこともあり、せっかくなので、頂くことに。

 

味もとてもおいしいだけに、

なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

(キムチが出たのには、驚きました。)

 

経由地を介して、それぞれ、2時間半から、3時間半ほどのフライト。

飲食店も多く入る仁川空港で、

食事を済ませてしまっている人も多いはず。

この量を、この短時間で消費できる人はいるのか・・・、

と疑問に思っていたところ、

問題なく両食とも、きれいに平らげていたツワモノがいらっしゃいました。

(体格の良いビジネスマンと思わしき西洋人の方。)

 

ホスピタリティー精神に溢れるタイ航空のCAの方々を、

あまり悲しませたくないのでしたら、

仁川空港でおいしそうなビビンバには目もくれず、

ひたすら搭乗時間を待つことをオススメします。

機内に漂う、優雅な時間。

サービス

サービスには定評のあるタイ航空。

乗客に対してCAの割合が多いビジネスクラスでは、

より一層その良さが感じられます。

 

きめ細かい心遣い。

あまりに写真を撮るので、きっとビジネスクラスに舞い上がっているとバレたのでしょう。

初めて「お二人の写真を撮りましょうか?」と言われました。

タイ語の特有のあの柔らかい雰囲気や、女性CAの民族衣装もステキです。

にぎわっている、仁川空港ビジネスクラスラウンジ。

軽食と、お酒がそろっています。

これから怒濤の機内食が続く事も知らず、軽食三昧。

サラダはうれしい。

キレイなシャワー。

ラウンジ 

仁川空港では、アシアナ空港のラウンジを利用。

非常に雰囲気も良く、スタッフも親切。

初めてラウンジでシャワーを利用しましたが、

シャンプー、歯ブラシ、化粧水等アメニティーも充実。

 

シャワーの水は、上からと、前から出てくるもので、

あっという間にキレイさっぱり。

大満足の経験となりました。

 

GOOD

日本では手の届かないビジネスクラスも、エコノミー+数万円で利用可能。

特にマイルを貯めたい人や、ANA修行僧は、

ビジネスクラスでの加算なので、とてもお得。

日本から近く、アジアのハブ空港を目指している仁川空港発着なので、

他の海外発券より、プランしやすいのも◎。

また、仁川空港からソウル市内までは、便利な直通の電車が出ており、

所要時間も1時間ほど。ついでにソウル観光も簡単です。

 

BAD

仁川発が17:30、バンコク着が22:30と、時間帯があまりよくないのが×。

旅行期間が短く、なるべくバンコクに長く滞在したい旅行者には、

残念ながらオススメできません。

Pocket