虎のロゴがかっこよい機体。

シンガポールからタイへ戻るときに利用したのは、
シンガポールを拠点とするTiger Airways。
Air Asiaよりも、さらに格安。

 

便名: TR2104 SIN – BKK(片道)

価格: 104 SG$ = 6350円(オフィシャルサイトで予約)
Air Aisa編はこちら。

 

シンガポール、チャンギ空港には、LCC専用のターミナルがある、LCC先進国。

Tiger Airwaysも「Budget Terminal」と呼ばれる、そのターミナルを利用。

チャンギ空港内にはサインがあるので、地下のバス停まで迷うことはありません。

チャンギ空港初めて訪れたときに、その存在自体には気づいてはいました。

ただ、地図に『バスで移動』とあったので、

他のターミナルと同様、少し離れたところにあるのだろう、と想像。

バスは、とっても黄色。

大きな荷物を入れるところもあります。

観光バスのような室内。

が、今回利用してみて、ビックリ。

『まったく違う空港』といってもいいほど、メインのターミナルから、かなり遠い。

移動中、「このまま市内へ出てしまうのではないか?まさか、違うバスに乗ったのでは?」

と、少々不安になるほど、長旅でした。

のどかな雰囲気のバジェットターミナル。

駐車場は、ターミナルから歩いて5秒。

大きくBUDGET TERMINAL。

事前に調べた情報では、

Budged Terminalには何もない、とあったので、

あわよくば、チェックインしてから、

メインターミナルで、お店でも冷やかして時間をつぶそうかと考えていましたが、

気軽に行き来できる距離では、ありませんでした・・・。

タクシーを利用される方は、(見栄など張らず)必ず運転手にBudget Terminalと告げましょう。

チェックインカウンターに人が並び始めます。

機内持ち込みの荷物の厳しい規定が壁に。

ほとんどがTiger Airways。色々なところにいきます。

チェックインカウンターは、各社共通。

時間がくると、おもむろに並び始める乗客。

LCCを利用する旅行者は、比較的旅慣れた雰囲気の人が多いので、

大きな混乱も無く、お行儀良くチェックイン。

パスポートをチェック。

人が少なくなってくると、いつのまにか一列に。

預ける荷物もなかったので、特に大きな問題も無く終了。

出国審査も、荷物検査も、呆気に取られるほど何事もなく。

「そんなに荷物、LCCで大丈夫・・・?」なんて余計な心配。

ドナルドも、横断歩道を渡る紳士もリラックス。

ゆったりとした時間が流れます。

制限区域内には、いくつかの飲食店と土産物が買えるお店もあるので、

それほど時間を持て余す心配もない模様。

レシートのようなボーディングパス。

チャイニーズニューイヤーが近いので、めでたい飾り付け。

Budget Terminalとは思えない充実ぶり。

機内食が有料のLCC搭乗前に、腹ごしらえもバッチリ。

ゆったり座って離陸を待つ人々。

派手な色使いのBoarding Gateをサインをくぐり、

一変、とても地味な通路を通り、9番ゲートへ。

カラフルなゲートサインと、アナログな時計。

突然質素な廊下。

9番ゲートからバンコクへと飛び立つ、虎柄機体。

ゲートから飛行機へは、徒歩で移動。

ビジネスマン風の乗客はおらず、見た目ゆるい旅行客がゾロゾロと、

炎天下の中、列をなして歩く姿は、

なんとなく、ほのぼのした雰囲気が漂います。

ちょっとばかり怖かった、ボーディングパスとパスポートをチェックするお姉さん。

うーん、のどか。

機体まで、空港をテクテク歩くのは、なかなか出来ない貴重な体験。

腰に「虎柄」スカーフを巻いたCAさんに案内されて、座席へ。

シートもキレイで、それほど窮屈さも感じず、ホッとひと安心。

これで、あとは離陸を待つのみ。

腰元がステキ。

少々窮屈そうな、大柄な白人男性。

何かをチェック中。窓が開いたらいいと切に願う。

しかし、ここでトラブル発生。

まず、一向に飛び立つ気配がない。

そして、機内が、異様に暑い。猛烈に暑い。

窓の外を眺めると、何やら確認中の人と、作業中の人が・・・。

機材はAirbus A320。簡素な機内安全案内=うちわ。

Tigerbites!! のちに、こちらもうちわと化します。

シンガポールのB級グルメ価格を考えると、かなり挑戦的な価格。

あまりの暑さに、気分が悪くなってきてしまい、飲み物を買ってこなかったことを猛烈に後悔。

まさかこんな状況になるとは、思いもしなかったので。

周りの乗客も、メニューや機内誌をうちわ代りに扇ぎはじめました。

前を見れば、慣れた手つきでCAさん達も、パタパタと風をおこしながら雑談中。

世界で一番美味しいと感じたSprite。

不思議なことに、この状況下で文句を言う乗客は誰一人おらず。

安いものには、理由がある。そして、そのリスクを承知で、この虎柄の機体に乗っている。

そう、みな、自分の身分をわきまえ、ちょっとした団結感で結ばれているのです。

定刻より、30分ほど遅れて離陸。

お待ちかねのスナックカートが到着。

迷わず炭酸飲料を購入したのは、言うまでもありません。

スプライトの、おいしいこと、おいしいこと。

青い空に乾杯。

順調にバンコクへ。

そこからは、何事もなく、無事バンコク・スワンナプーム空港に到着。

途中、機長から「しばらく機内が暑くてごめんね。ちょっとした機械トラブルでした。」

と、説明がありましたが、誰も気にする様子もなく。

スワンナプーム空港名物、長い入国審査を抜け、タイへ(再度)入国。

この時は1時間ほど。

広い、広いスワンナプーム空港の端っこに到着。

入国審査場の混み具合モニター。

ビジネスクラス以上で利用出来る、(ガラガラ)のプレミアムレーン。

LCCチケットのお得感は、大手航空会社と比べると驚くもの。

フライト時間の短い路線では、過剰なサービスも不必要。

ただ、心配なのは『遅延』。

すべてLCCだと、貴重な休みの時間を空港で過ごすことにもなりかねないので、

LCCを上手く利用し、お得に海外旅行を楽しむことができそうです。

Pocket