LCCのメッカ、バンコクを経由し、
二つのLCCを体験。

レガシーとはまた違う、
ワクワク感のある、粋な空の旅。

 

 

 

 

ひとつめのLCCは、Air Asia。

日本からも羽田→マレーシアの便があるので、日本人にもおなじみ。

 

バンコクへは、タイ航空TG661便を利用。

羽田空港を深夜発、バンコクに早朝着。

 

 

予約時に非常に悩んだのが、時間帯。

LCCは、トランジットカウンターがないので、

バンコクを経由するだけでも、一度、入国しなければなりません。

 

ここで一番問題になるのが、

バンコク、スワンナプーム空港名物、入国審査の行列。

しかしながら、前回はそれほど並んだ記憶がなかったので、

時間を有効に使える便に決定。しかし、これが大失敗。

どうにかこうにか、やっとの事でAir Asia機とご対面。

 

詳しくは

バンコクからLCCでシンガポールへ。を参照。

 

 

黒と赤でまとめられた機内は、とてもすっきり。

シートも革張りで、清潔。

どこもかしこもオンボロだった、

タイ航空の羽田-バンコク便より、よっぽど良く思えるほど。

 

 

離陸してしばらくすると、

事前に機内食をオーダー済みの客に、食事を配り始めました。

同時に、機内食販売。

 

 

おいしそうな匂いがたちこめ、思わず割高なサテーなど、

オーダーしてしまいそうになりますが、

シンガポールでB級朝食を堪能、の予定だったので、ここはコーラで我慢。

が、正直、食べている乗客がとてもうらやましい。

 

 

きっと思っているほど、おいしくないのでしょうが、

真相が分からないだけに、モヤモヤ。

次回は、絶対食べるぞっ!と心に誓う。

 

ほどなく、シンガポール、チャンギ空港に到着。

バンコクとは大違いのガラガラな入国審査場を通り抜け、

あっと言う間にシンガポールに入国。

 

 

市内まで、タクシーで20分にもかかわらず、

空腹に耐えられなかった私たちは、

結局、空港価格のカヤトーストを朝食に選んでしまいました。

 

感想

2時間ほどの短い飛行なので、

狭い機内も、全く苦になりません。

気軽に他の国に行けるこの環境が、本当にうらやましい限り。

 

ポイント

乗り継ぎ、チェックイン等の時間には、十分に余裕を持つ。

WEB-CHECK-INは、絶対しておく!

預け荷物はなるべくないほうが、好ましい。

せっかくだから、有料機内食も楽しむ。

Pocket